ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

710 件中 1 件〜 100 件目を表示

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
東京都健康長寿医療センター リハビリテーション科
作業療法士・理学療法士
医師と連携
離床が進む端座位補助具   New!
高齢になると、自力で座位を保つことができない人が多くなる。そのため、座位を保持する補助具を用いることになるが、既存の製品では使い勝手が悪い。
具体的には(1)長時間座位を保つには不安定、もしくは逆に締め付けがきつすぎる(2)重量が重く、移動させにくい(3)清潔を保つのが難しい布を用いている、等が問題点としてあげられる。
東京都健康長寿医療センター リハビリテーション科
作業療法士・理学療法士
医師と連携
温度覚検査機器   New!
感覚障害を有する患者に対しては、温度覚障害の有無を調べることは、日常生活を送る上で重要な要素である。温度覚の評価は、機器を皮膚に直接当てて測定する。検査は温覚(50度)と冷覚(10度)を行う必要がある。
現在使用している機器は(1)機器が使用可能となるまで時間がかかる(2)温冷の切り替えに時間がかかる(3)高価である という3つの問題がある。
東京都健康長寿医療センター 心臓外科
医師
直接心臓ペーシングシート   New!
心臓手術の際、停止させていた心臓の自己心拍再開時には直接心臓ペーシングを用いる。しかし既存の心臓ページングは、いわゆる電気工事用鰐口クリップを用いているため、心臓表面を損傷する恐れが常にある。そこで、ペーシングシートを用いて損傷なくペーシングしたい。
東京都健康長寿医療センター 薬剤科
薬剤師
医師と連携
服薬管理 デジタルオブラート   New!
高齢になり、多くの慢性的疾病を抱える場合には、服薬管理が重要となる。
当センターでは、薬の一包化とか、服薬カレンダー、服薬セットケースなどを用いて、服薬の確認を行っているが、現状では本当に服薬したかどうかの確認までは至らない状況である。
東京都健康長寿医療センター 薬剤科
薬剤師
医師と連携
病棟における薬剤被曝を0にしよう!   New!
注射薬を調製する時、抜き取り量の確認やシリンジ内のエア抜きの際に、針の先から薬液が飛散することがある。
そこで、調製時の薬剤暴露をできるだけ軽減するデバイスが求められている。
東京都健康長寿医療センター 呼吸器外科
医師
難治性気胸に対する胸膜シーラント   New!
気胸や、肺切除後の気瘻に対しては胸膜シーラントが効果的であるが、(1)肺そのものが傷んでいると気瘻が再発する(2)塗布した製剤がはがれやすい という問題がある。
東京都健康長寿医療センター 臨床検査科
臨床検査技士
医師と連携
重ね置きできない採尿カップホルダー   New!
採尿後の採尿カップは、誤って倒したりしないよう採尿カップホルダに置くこととしている。通常、採尿カップが重ねて置かれることはないが、認知機能が低下した患者などの場合、重ねておいてしまうことがある。物理的に重ね置きできないシステムが求められている。
東京都健康長寿医療センター 臨床検査科
臨床検査技士
医師と連携
輸血用血液バッグ専用容器   New!
輸血用の血液バッグは、表面に傷がつくと汚染の原因となり、また、角が当たると破れてしまうことが多い。現在、市販されている血液バッグ専用の保管箱は、表面が武骨であるとともに重量も重く女性技師の多い職場では使用しにくい。そこで、軽量で使い勝手の良い専用容器が求めれている。
東京都健康長寿医療センター 看護部
看護師
医師と連携
リアルタイム患者情報確認システム   New!
患者をケアするにはカルテの情報に基づいた上で、必要な確認を行なう必要がある。しかし、確認を行うのが人間である以上、ミスをする可能性が一定未満には減らない。
そこで、リアルタイムで患者の情報を確認し、必要があれば患者のカルテ情報、薬品の提供に関する技術的支援などが可能なシステムが求められる。
東京都健康長寿医療センター 臨床工学科
臨床工学技士
医師と連携
患者離床センサー(起き上がり時用)   New!
通常はベッドに寝ている患者が離床する危険が高いことから、離床を知らせる何らかのセンサーが必要となる。
この機器は、重要ではあるが、それに多大な資源を投入することはできないので、動作が確実で、利用が容易で、安価な物が必要である。
現在利用している物は、特にコード周りでの故障が多く、一定の堅牢性、もしくは交換が容易で交換部品が安価である、という必要がある。
東京都済生会中央病院 循環器内科
医師
心房細動アブレーションカテーテル   New!
心房細動アブレーションに際し、カテーテルアブレーション先端を心房内の標的部位への固定することに難渋することがある。より安定した固定が得られるカテーテルの開発にご協力をいただきたい。
心房細動
[自院] 100人 [全国] 10,000人
心房細動カテーテルアブレーション
[自院] 20件 [全国] 5,000件
東京医科大学茨城医療センター 臨床工学部
臨床工学技士
医師と連携
血漿リークを除去するデバイス   New!
膜型人工肺の膜表面には時間経過と共に、結露並びに血漿リークが発生し、酸素化能が低下する事が知られています。酸素化の改善には、送付するガスの流量を上げて除去する方法が一般的です。今回のCOVID-19で話題となったように、リークした血漿成分を吹き飛ばす際に、エアロゾルが発生し感染リスクが懸念されることから、これらを持続的に吸引するデバイスを作成したいと考えます。(当院で実際に使用した試作品有り)
・重症呼吸不全の治療
・気管支ステント術など酸素化の代替えが必要なOPE
・心筋炎など心機能の著しい低下を認めた場合の治療
[全国] 400件
西新井大腸肛門科 消化器外科
医師 (22年以上)
高度便秘患者用の摘便器具   New!
高齢者において、多量の便が直腸で停滞し独力で排出できなくなることがある。摘便とは、こうした便を肛門から指を入れて摘出する医療行為である。
摘便に伴う問題点として1)肛門に入れた指を直腸内で動かすので肛門に疼痛を伴う。2)指による一回の操作で便をかき出す量は限られ、非効率的。3)周囲に汚染や匂いが広がる。が挙げられる。
患者の苦痛を最小限にし、安全にかつ周囲環境を汚染せずに摘便を行いたい。
当院では概ね週3件程度の外来患者に対して摘便を行っている。140件/年程度が見込まれる。摘便は外来患者以外に、高齢者入所施設や在宅介護でも必要とされる処置なので適応患者は相当数あるものと思われる。
[自院] 140人
J022-2 摘便 100点
国立国際医療研究センター 集中治療科
医師 (31年以上)
機械操作を代わりにしてくれるロボット   New!
新型コロナウイルス感染症患者のICU内の管理・処置には個人防護具(PPE)の装着が必須となる。しかしそれらは基本的に1回の処置ごとの使い捨てであり、またPPEの脱衣時に特に感染のリスクが高い。しかし、現状では病室での些細な処置や管理のためであっても装着が必須となるため、限りある医療機材の節約の観点からもできるだけその使用回数を少なくする必要がある。
シリンジポンプや人工呼吸器等の医療機器の操作(設定の変更)
埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部
臨床工学技士
医療機器の操作パネル感染防止デバイス   New!
COVID-19は、エアロゾルや飛沫感染に加え、環境に存在するウイルスを接触する事でも感染が拡大する。国内でも電子カルテのキーボードを介して院内感染が広がったとの報告もある。COVID-19感染患者が重症化した場合、様々な医療機器を操作のために触れる。医療機器の操作パネルやタッチパネル接触感染を減少させるデバイスが必要である。ビニールやカバー、抗菌フィルム等の製造開発が得意な企業を求めています。
杏林大学 救急医学教室
医師
救急・集中治療領域の非侵襲的乳酸測定装置   New!
乳酸は心肺停止患者の蘇生可能性の指標のみならず、重症外傷、敗血症、集中治療下にある患者の重症度・予後とよく相関し、病態および治療効果を反映する極めて重要な物質である。しかし、現在の測定は逐次採血を行い測定器械にかけるという侵襲的、間歇的な方法に限定されている。状態が時々刻々変化する救急・集中治療においては、そのリアルタイムな把握を可能にする非侵襲的かつ経時的な血中乳酸値の測定機器が強く求められる。
国立国際医療研究センター 消化器内科
医師 (11年以上)
内視鏡用飛沫防御器具   New!
全ての消化器内視鏡検診療はエアロゾル発生による飛沫暴露のリスクがある。現状ではFull PPEの防御具装備で行っているが、時に口腔から勢いよく排出される血液や体液から防御する術がない。 
国立国際医療研究センター 消化器内科
医師 (22年以上)
酸素吸入カテーテル   New!
患者に酸素投与を行う際、鼻カヌラやマスクを使用する。内視鏡検査/治療では、鎮静剤を使用するため、酸素投与を併用する機会が多い。左側臥位や腹臥位で酸素投与を行うため、鼻に装着したカヌラのチューブが頬部と枕の間に挟まってしまい、長時間になると頬の皮膚を傷めてしまう。左側臥位で有効な酸素投与を行えるカテーテルはないか。
内視鏡検査(内視鏡的逆行性膵胆管造影)
[自院] 300件
国立国際医療研究センター 放射線診療部門
放射線技師 (5年以上)
医師と連携
体表マーカー   New!
放射線治療を行う上で、事前に計画した体位と、放射線治療時の体位との間で再現性をとることが重要である。体位再現の方法として、患者の体表に目印となるマーキングを行っている。通常、体表マーキングには、視認性の良いマジックインキやシール等を用いている。しかし、頚部等の皮膚の露出が多い部位を治療する場合には、その体表マーカが他人の目に触れ、患者本人が人目を気にする等の不満がある。
放射線治療の患者のうち、頚部等を治療する患者
[自院] 51人 [全国] 8,468人
放射線治療
[自院] 469件 [全国] 59,397件
国立国際医療研究センター 放射線診療部門
放射線技師 (9年以上)
医師と連携
CTガントリ感染防止カバー   New!
新型コロナウイルス感染流行に伴い、感染対策が注目されている。現状、CT装置における感染対策は十分とはいえない。特に、CTガントリ内部に関しての感染対策は装置が精密機器であるため各メーカーから、機器の直接的な消毒は推奨されていない。そこで、感染対策ツールとして感染防止カバーを開発し、簡便かつ安全に検査を施行することが望まれる。
新型ウイルス患者を含む感染症患者等
国立国際医療研究センター 放射線診療部門
放射線技師 (3年以上)
医師と連携
エックス線ポータブル装置感染防止カバー   New!
COVID‐19患者のポータブル撮影検査において、ひと検査ずつ装置の清掃を行っている。問題点として、検査数が多く、清掃や装置の包装の手間がかかる。ディスポの包装カバーを使用し、装置・使用物品の接触感染対策を撮影と並行して円滑に行いたい。
国立国際医療研究センター 放射線診療部門
放射線技師 (3年以上)
医師と連携
接触マーカー(スプレー)   New!
COVID‐19感染流行に伴い、感染対策が重要である。ひと検査ごとに清掃を行い、検査を施行している。清掃だけでなく、接触箇所が可視化できるようなマーカーがあれば、感染対策を明確に行える。
国立国際医療研究センター 国際医療協力局
医師 (20年以上)
汎用性の高いモバイル滅菌消毒機器   New!
COVID-19流行下においては、N95マスクやフェイスシールド等、物資の不足を背景に従来はデスポーザルなものに対しても再利用が推奨されている。また、低、中所得国においては通常でも再利用が実際には行われている。しかしながら、多くのそれらのデスポーザル物資に使用できる機器は大型で持ち運びなど利便性に問題がある。
5月8日時点で370万人以上が罹患
5月8日時点で370万人以上が罹患
国立国際医療研究センター 産婦人科
医師 (16年以上)
腟・外陰専用の潤滑油   New!
高齢化社会に伴い、女性骨盤臓器のトラブルも増えている。骨盤臓器脱や年齢に伴う萎縮、がん治療・放射線治療後の拘縮など、QOLを低下する大きな問題となっている。従来、診察時にはキシロカインゼリーなどで症状緩和を図ってきたが、一時的なもので萎縮そのものの改善効果もなく、患者が家庭でも安全・安価に使用できる製品がなかった。腟内専用の開発は、診察時のみならず日常使用でも大きなニーズがあると考える。
骨盤臓器脱・がん治療患者・高齢者
[自院] 100人 [全国] 100,000人
診察時・がん治療中・ベッサリー交換時など
[自院] 100件 [全国] 100,000件
国立国際医療研究センター 産婦人科
医師 (16年以上)
経腹超音波プローブ専用カバー   New!
近年の産婦人科診療では、超音波検査機器は頻用されている。経腹プローブ専用のカバーは、術中エコーや穿刺など滅菌処置等を前提としたものが主流で、着脱が容易でなく、コストもかかる。またプローブの汚染予防に、手袋等を代用して用いるが、画質や取り回しが低下する問題もあった。より簡便で安価に着脱可能な、経腹プローブ専用カバーの開発は、プローブの劣化防止やCOVID19はじめ院内感染予防の点でも有用と考える。
妊娠・腹痛や腹部腫瘤・分娩
[自院] 1,000人 [全国] 100,000人
全ての経腹・経会陰超音波
[自院] 1,000件 [全国] 100,000件
国立国際医療研究センター 産婦人科
医師 (16年以上)
子宮頸管狭窄予防留置チューブ   New!
子宮頸管は子宮の外と内腔をつなぐ、長さ3cm径数mmの、月経血や精子が通過するに不可欠の構造である。子宮頸部円錐切除術後に狭窄し、月経血貯留や細胞診採取不能を来すことが以前から問題とされ、他のカテーテルを留置しても抜けてしまうなど、その予防法は確立していない。また高齢化社会では、加齢による狭窄から、しばしば子宮留膿症による骨盤感染を来たし、施設などで治療に難渋する。これらの解決を目指す。
子宮頸部異形成・子宮留膿症・頸管狭窄症
[自院] 30人 [全国] 50,000人
子宮頸部円錐切除術・頸管拡張術
[自院] 30件 [全国] 50,000件
国立国際医療研究センター 放射線核医学科
医師 (19年以上)
紙媒体内データの電子化デバイス   New!
様々なデータを電子化し、集計、解析することは主流である。しかし、機器同士のネットワーク構築には多額の費用がかかり、紙媒体を介した運用が継続している。患者からの情報も直接記入等の方式が残り、スキャンされ電子化されたものの、それを利用するには他のデータ収集媒体に再入力する必要がある。多量の蓄積データを、解析に利用できるデータ形式とするには非常に手間がかかり、解析の妨げとなっている。
当科の検査受診者。応用性あり。
[自院] 5,000人
核医学検査、その他応用性あり。
[自院] 5,000件
国立国際医療研究センター 乳腺内分泌外科
医師 (21年以上)
乳房部分切除による欠損部の補填素材   New!
乳癌に対して行われる乳房部分切除(温存術)は、乳房を温存したいという患者のニーズから確立された術式として現在、標準治療となっている。しかし、病変と乳房の条件によって必ず可能な術式ではないため、不可の際にはやむなく乳房を切除したり、再建手術を付随して行うことが現状である。整容性を保てない温存手術であっても手術により生じる欠損部分を補填する素材があれば、乳房を温存することが可能となる患者が増える。
乳癌は日本人女性の罹患数第一位の悪性腫瘍である。乳房は体表臓器であり手術による乳房の喪失、変形は昔より大きな問題となっている。
[自院] 130人 [全国] 92,000人
乳房部分切除は病変にその周囲の正常乳腺組織を確保して切除する。このことで生じた欠損部を周囲の乳腺組織を寄せて縫合することで欠損部を補填する。
[自院] 50件 [全国] 41,000件
国立国際医療研究センター 臨床研究推進部 教育研修室
医学博士 (16年以上)
医師と連携
マスクおよびマスクの補助具   New!
毎日連続してマスクを使用するときに、かけ心地が良くなく、耳が痛くなったり、顔に跡がついたりする問題点がある。寝るときにも使用できる、24時間かけ心地の良いマスクもしくはマスクの補助具があると良い。
COVID-19、インフルエンザ、花粉症 
国立国際医療研究センター 皮膚科
医師 (34年以上)
医療/衛生材料の有効活用   New!
新型コロナウイルス蔓延に伴い、医療/衛生材料の不足が問題となっている。京大病院でサージカルマスクの使用が週1枚という報道は記憶に新しい。さらにN95マスクは生産拠点が限られ、問題はより深刻である。現在の流行が終息しても第2波・3波を予測する向きもあり、今後繰返し資材不足に悩む可能性がある。平時シングルユースの材料を、非常時いかに感染防御などの機能を損なわず有効活用し得るかは、喫緊の課題である。
感染症に限らず手術をはじめとした観血的処置を要する疾患等々が、幅広く対象となる。
医療行為のみならず、特に流行時は受付業務等含め、院内でのあらゆる業務に関連(マスク年12,000箱)
国立国際医療研究センター 医療機器管理室
臨床工学技士
医師と連携
ECMO人工肺用カバー   New!
COVID-19重症例ではECMOを使用するケースがある。対象に実施中、人工肺内部のガス交換膜より、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)が検出される事があるため、感染対策用の人工肺カバーが望まれる。
COVID-19重症呼吸不全
ECMO
国立国際医療研究センター 医療機器管理室
臨床工学技士
医師と連携
アルコール消毒用プッシュポンプ   New!
COVID-19のみならず多くの感染症予防対策でアルコールによる手指衛生が行われている。従来型のアルコール消毒薬ボトル(ポンプ)であると、片手でプッシュしながらもう片方の手で受け止める事から、「こぼれる」「電動式は費用がかかる」などの懸念材料がある。そこで、より安全かつ効率的で経済的なプッシュポンプが望まれる。
アルコールに耐性のない感染症
国立国際医療研究センター 歯科・口腔外科
歯科医師 (31年以上)
歯科治療用PPE   New!
歯科治療に伴う切削処置には大量の水と空気を使用する。極めて至近距離で大量のエアロゾルが発生する治療がほとんどのため、歯科医療者はそれらの暴露から身を守るために個人防護具(PPE)の装着は必須である。通常の装備では極めてプアすぎるが、かといっていわゆる「フルPPE」では限りある医療資源の浪費にもつながってしまう。そこで歯科医療に特化したPPE、もしくは簡易的な飛散防止機器の開発は必須である。
歯科・口腔外科疾患全般
[自院] 20,000人
歯科・口腔外科疾患全般
[自院] 20,000件
地域医療支援病院 呉市医師会病院 臨床工学科
臨床工学技士
上部内視鏡検査の飛沫感染対策デバイス   New!
上部内視鏡は、口または鼻からスコープを挿入し病変を直接観察する検査である。現在、COVIT-19の飛沫感染が問題になり、内視鏡検査の自粛が学会から提言されている。しかし、緊急に内視鏡検査が必要な時がある。検査医と介助者は、患者の咳・嘔吐反射・吐血からの飛沫感染(その他感染症含む)を防ぐことができないので、飛沫感染対策のデバイス開発が望まれる。製造・加工企業や内視鏡関連企業を求めています。
医療法人社団松和会 望星新宿南口クリニック 臨床工学科
臨床工学技士
ハンディーで殺菌できるデバイス   New!
COVID-19の蔓延で、院内感染を抑えるために感染予防や防止を徹底しているが、病院内では殺菌や除菌が出来ないものがあるため、物品を介して院内感染が生じる可能性がある。場所や物品に関係なく感染予防ができるデバイスがあれば、院内感染発生のリスクが抑制できる。電子・精密機器、光化学機器を扱っている企業を求めています。
社会医療法人財団白十字会 佐世保中央病院 臨床工学部
臨床工学技士
超簡易型陰圧個室   New!
COVIT-19などの飛沫感染患者を受け入れる医療機関では、陰圧室で患者管理を行うが、搬送時や臨床業務で医療スタッフにウイルスが飛沫する可能性が高く、完全にウイルスを遮断することは難しい。今後、飛沫感染患者の増加で収容できる施設や部屋も不足する。さらに、医療資源の乏しい地域でも感染防止のため、陰圧ができるシステムが必要である。空気清浄設備やビニール袋の製造や加工が得意な企業を求めます。
国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター
臨床工学技士
プラズマフェレシス療法用溶質除去シミュレ   New!
血漿交換や二重濾過血漿交換、血漿吸着などのプラズマフェレシス(PP)では、血漿中から病因物質の除去を行うが、その際生体にとって有用であるフィブリノゲンや免疫グロブリンなども同時に除去されてしまう。また各溶質の血漿中濃度の推移は、治療スケジュールや各種治療モダリティによって異なり、フェーズに応じて治療方法を検討する必要がある。シミュレーションソフトウェアが開発可能な企業を求めています。
国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター
臨床工学技士
マスク用外圧測定センサ   New!
酸素療法や非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)では、マスクの圧迫により医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)を生じる場合がある。MDRPU予防にはマスクフィッティング等の外力低減ケアが重要とされているが、マスクの圧着が弱い場合はリークが生じてしまう。そのため圧着の程度を把握することが必要となるが、現在測定可能なデバイスは存在しない。圧力センサまたはNPPV用インターフェイスに関する企業を求めています。
国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター
臨床工学技士
血液回路内凝固検出モニタ   New!
血液浄化療法は体外循環にて治療が行われる。治療中に血液回路内に凝血が起こると治療継続が困難となり、回路交換を要することがある。また返血が困難な場合は回路分の失血となるため、早期発見が重要となる。現状では回路内の各所圧力トレンドにて回路内凝固を推測しているが、圧力変動は回路内凝固以外の原因でも起こるため、圧力把握だけでは判別が難しい場合もある。モニタリング機器が製作可能な企業を求めています。
国立大学法人 東京医科歯科大学医学部附属病院 MEセンター
臨床工学技士
可搬型循環血液量連続モニタ   New!
循環血液量(BV)連続モニタは、透析療法では除水に伴うBV減少による血圧低下の早期発見のため広く活用されている。一方血漿交換や血漿吸着などのプラズマフェレシス(PP)においても、治療中の血漿成分の変動による浸透圧の変化が懸念され、血圧変動をきたす危険性がある。しかしPP施行時にBV変動を確認できる機器は現在、製造販売されていない。モニタリング機器が製作可能な企業を求めています。
医療法人社団明生会東葉クリニック八街
臨床工学技士
エコー下穿刺トレーニングキット   New!
透析患者( 約33万人)は、高齢化により血管に針を刺すことが難しい。エコー画像を見ながら血管に針を刺すことで失敗や疼痛を軽減できる。(全国914透析施設で年々増加)エコー画像を見ながら血管に針を刺す手技は訓練が必要なので、こんにゃくや市販のエコー訓練キットを使用しているが、血管に針が入る感覚が全くないので実践には向いていない。繊維・樹脂またはファントムを扱える企業を求めています。
聖隷三方原病院 CE室
臨床工学技士
在宅酸素療法の酸素チューブ   New!
患者様はご自宅で、移動範囲をカバーするために酸素チューブを延長して使われています。例えば、リビングとお手洗いが遠いため移動時には、長いチューブを自分で裁きながら移動しなければなりません。御高齢の方が多いため毎回長いチューブを裁きながら移動するのは大変です。また接続部分が外れる危険もあります。移動時に酸素が止まると呼吸困難が容易に発生してしまいます。チューブ関係の企業を求めています。
東京医科大学茨城医療センター 臨床工学部
臨床工学技士
電源タップ   New!
今日の医療現場では多くの医療機器が使用されている。電源コードが増えることで、スタッフの作業動線が妨げられ、来室した家族に煩雑な印象を与えかねない。さらには電源コードにつまずき、人や移動式の棚が倒れる事故が発生している。しかし、現場のスタッフは多くの仕事をかかえており、既存のデバイスを使用して病室の電源コードを整備することは難しい。電源コード・電源タップを制作している企業を求めています。
聖隷三方原病院 CE室
臨床工学技士
ハイフローセラピー専用器   New!
呼吸不全などの患者さんに使用するハイフローセラピーは、酸素をチューブに流して鼻から投与する治療法で近年増加しています。ハイフローセラピーは、患者さんからチューブの外れ、チューブの屈曲などの酸素が投与されなくてもアラーム機能が無いので発見できません。生体情報モニターからの警報で、医療スタッフは異常に初めて気付きます。電気・電子・機械系のセンサーを扱っている企業を求めています。
聖隷三方原病院 CE室
臨床工学技士
超音波診断装置   New!
透析治療で超音波エコー装置を使用して血管に針を刺す場合は、スタッフ2人で行なうのが理想であるが、人員やスペース確保が難しいのでスタッフ1人で行なっている。スタッフ1人で行なう際は、超音波エコー装置の画像を見ながら、超音波が発生するプローブと針をそれぞれ片手で持ち血管に針を刺す。操作が煩雑で、針を誤ってスタッフ自身に刺してしまう危険性もある。超音波エコー装置の企業を求めています。
順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床工学室
臨床工学技士
低圧持続吸引器   New!
筋萎縮性側索硬化症などの患者は、唾液を自身で飲み込むことができないため介護者が口腔内を吸引します。頻回になる場合、病院では持続的に唾液を吸引します。そこで使用するのが低圧持続吸引器です。病院では当たり前の低圧持続吸引器も在宅用に適った機器がなく、多くの方はインターネットなどで紹介されている水槽用エアーポンプを改造して吸引器を自作している現状でありともに改善してくれる企業を求めています。
済生会宇都宮病院 整形外科
医師 (31年以上)
3D手術進入アトラス
現在ある手術進入アトラスは、術野を描写した平面図であり、立体的に捉えることが難しい。また、1つの進入法で数点の描写があるのみで、その図と図の間は、想像するしかない。また、視点を変えることができない。筋肉、骨、筋肉、神経、血管などを立体的に配置し、それぞれの物質性を加味することにより、変形させたり、動かしたりすることができるようにすれば、直感的に分かる立体的な手術進入アトラスを作成することができる。
あらゆる手術
あらゆる手術
済生会宇都宮病院 整形外科
医師 (31年以上)
小児の骨モデル作成
小児の長管骨の両端は、骨ではなく軟骨でできているため、レントゲン撮影では内部にある骨端核しか写らない。そのため、レントゲン写真の読影や、透視での読影が難しい。レントゲン写真での診断と透視下でのピンニングなどの操作を行うためには、レントゲン写真に写る骨成分から、軟骨も合わせた骨端の形を頭の中で再現できる能力が必要である。そのトレーニングを行うための道具である。
小児の関節周囲骨折
[自院] 200人
レントゲン撮影、透視下での整復操作、透視下での手術
日本医科大学附属病院 循環器内科
医師 (20年以上)
ベッドサイド抗凝固能測定器
経動脈カテーテル手術中には迅速抗凝固能測定が必須であるが、現行のものは正確さに欠ける。
狭心症、心筋梗塞、心房細動
[自院] 700人 [全国] 280,000人
冠動脈形成術、心房細動・心室頻拍アブレーション
[自院] 700件 [全国] 280,000件
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
医療機器管理状況把握アプリ
スタッフが医療機器の稼働状況の把握や医療機器の取扱いを熟知して適切な対応ができる体制を構築するには時間を要する。そのため医療機器の稼働状況の把握ならびに及び取扱い説明書、添付文書、簡易マニュアルなどの閲覧がインターネットさえあればいつどこでも対応できるようになれば業務の効率化及び医療機器トラブル時に緊急的に連絡がきても瞬時に的確な情報の提供をできるなどの医療安全の向上に寄与できると考える。
特になし
特になし
医療機器安全管理料 100点
国際医療福祉大学病院 リハビリテーション室
作業療法士・理学療法士 (5年以上)
医師と連携
姿勢のセルフチェック機器
リハ患者に対して自身の姿勢をチェックするよう指導する際に、現状ではウェアラブル端末としてスマートデバイス(iPod touch)等を持って角度アプリから得た値をPC上にミラーリング表示し確認している。しかし、有線であること、機器が大きく装着のズレや動作中の測定が困難であることが課題である。もっと手軽に患者が自身の姿勢をチェックできるシステムを開発したい。
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
生分解ダイアライザ
医療産業廃棄物問題を解決できる。
透析患者
透析
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
生分解性プラスティック輸液バック
医療産業廃棄物処理問題の解決につながる。
病院に通院する全ての患者が対象となる。
病棟、ICU、HCU、手術室、内視鏡室、カテ室など
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
生分解性輸液セット
医療産業廃棄物問題の解決になる。
病院に関わる全ての患者。
病棟、ICU、HCU、内視鏡、カテ室、手術室など。
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
コードなし電気メス
現在手術では、電気メスは欠かせない医療器具である。しかし、コードがあるため手術中引っかるなどのリスクがある。コードがなくなれば、そのリスクは軽減する。
電気メスを使用して手術を受ける患者全て
手術室
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
医師と連携
試作 内視鏡前処置時冷凍用麻酔ゼリーキット
上部消化管の検査は前処置に大体施設が市販のキシロカインゼリーを10分から15分口に含んでのどにためておき麻酔が効いてくるのを待ちます。しかし当院では、ゼリーカップを購入して冷凍ゼリーを作成して前処置時に使用している。そのほうが麻酔効率も良く患者に違和感なく前処置が行えるためである。製品でそのようなキットが発売されれば業務の効率化および新製品の開発につながると思う。
上部内視鏡検査を受ける患者全て。
内視鏡室
胃・十二指腸ファイバスコピー 1140点
さぬき市民病院 医療技術部 臨床工学科
臨床工学技士 (6年以上)
生分解性プラスティックシリンジ
医療廃棄物処理問題の解決につながる。
院内の全患者が対象となる
採血、注射、透析、内視鏡、手術室、病棟、ICU、HCUなど全ての部署
国際医療福祉大学 作業療法学科
作業療法士・理学療法士 (19年以上)
医師と連携
栃木県版発達障害者支援アプリ
発達障害者の追跡調査から、困った際にすぐに活用できる身近な相談窓口への期待が明らかとなった。現在、保護者のニーズに応えるべく、Google formsを活用し、Web上に保護者や発達障害者の“困りごと”にすぐに対応する相談窓口を開設し、“困りごと”に対しすぐに具体的支援に繋げる仕組みを試行している。より現実的・発展的な支援アプリの開発を検討しており、アプリ開発にご協力いただける企業を探っている。
文部科学省が全国公立小・中学校通常学級の児童生徒を対象に行なった調査では、発達障害者(疑い含む)の割合は6.5%という結果である。所属医療機関Aでは、開設20年で発達障害児者は10,000人を越える。
国際医療福祉大学 放射線・情報科学科
放射線技師 (14年以上)
医師と連携
ゲル線量計
放射線治療では正常組織への放射線の影響を最小限にするため、事前に精密な治療計画を立てる。「ゲル線量計」 は治療計画の三次元的放射線量評価の一つとして検討されている。ゲル線量計はポリマーゲルを専用容器に入れたものが主流だが、容器の酸素透過性やゲルの廃棄処理などの課題がある。脱酸素性や反応速度等の品質が安定した材料(ゲル化物)や、現状よりも取り扱いしやすい線量計が望まれる。
国立病院機構新潟病院 臨床研究部
医師 (15年以上)
聴診補助具
新生児や、痩せ形の患者など、聴診面と患部に隙間が生じると音が聴き取りにくい。従来は、小さな聴診器で対処していたが、振動面が小さい分音が小さい欠点があった。また、電子聴診器で音を増幅させる方法は、電源を要し、高価であった。この課題を解決するため、聴診器自体を改良したい。
聴診が必要な患者全て
聴診
国立病院機構新潟病院 臨床研究部
医師 (15年以上)
試作 体液等誘導管
従来の喀痰吸引法は、吸引カテーテル端が喀痰に届かなければ吸引効果が得られない。盲目的挿入では十分な効果が得られず、気道損傷などの危険性もあった。カフアシストなどの機械的咳補助(MI-E)は、低侵襲・短時間な排痰法として知られているが、装置が高価且つ訓練なしに実行は困難だった。
術後ICU管理の患者、喀痰喀出困難な患者全般
喀痰吸引
国際医療福祉大学 薬学部
薬剤師
医師と連携
カリウム含有食品をメンタルヘルスケアに!
我々は、カリウム含有食品のメンタルヘルスケアへの応用を示唆する基礎医学的な研究成果を報告している(Saito A, et al., 2018)。栃木県で多く生産されている「かんぴょう」などは、カリウムを多く含んでおり、これらをベースとした健康食品の開発や需要増大にも結びつくと期待されるが、本研究の発展には、企業・行政の協力が必要不可欠である。
順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床工学室
臨床工学技士
テスト肺
テスト肺は、感染を防ぐため使用する患者ごとに高水準消毒ないし滅菌を行う必要がある。しかし、テスト肺はその構造上、十分に洗浄・滅菌するのが困難である。また消毒・滅菌方法に限界がある在宅療養でもテスト肺は使用するため、より優れたデザインを求める。
樹脂成形、コネクター設計~組立まで対応可能な企業を求めています。
東京女子医科大学病院 臨床工学部
臨床工学技士
モニタリング装置
昨今、透析療法において様々な生体情報をモニタリングできる装置が開発されている。
しかし、固定方法の違いによる測定者の誤差、アーチファクトの影響などが問題になる。
テープ関係の企業、医療機器(電気・電子・機械系を扱える)企業を求めています。
医療法人社団松和会 望星新宿南口クリニック 臨床工学科
臨床工学技士
穿刺痛を和らげる簡便に使用できる装置
透析では17Gより太い針(一般に使う針の約2倍)を週3回2本ずつ穿刺する必要がある。事前に行う外用局所麻酔剤など痛みを軽減するものが多数あるが、つけ忘れ、位置の間違いなどが見られる。その為、機械的または外的刺激により穿刺時に痛みを軽減できる装置を一般的な手技の中で行う事が出来ると患者の負担が軽減できると考えられる。医療機器メーカー(電気・電子・機械系を扱える)の会社を求めています。
医療法人松田グループ 美しが丘クリニック
臨床工学技士
テープカッター
透析時に血液を通すチューブ類を患者の腕などに固定するため、サージカルテープを使用する。サージカルテープは、事前にハサミや手で切り、テーブルや透析装置に貼って準備しておく。一人あたり複数枚を準備するが、患者が多い施設ではテープの準備に労力がかかる。テープの材質によっては切りにくい。とくに困るのは準備したテープでは不足する場合である。回路や患者に片手を添えつつ、片手でテープを切ることが、極めて難しい。
埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部
臨床工学技士
透析患者管理システム
2017年末現在、33万人を越える患者が透析治療を受け、その内32000人が心筋梗塞や脳卒中、肺炎などの合併症で死亡。合併症予防のため、各施設では、血液検査や体液組成検査等の結果をもとに最適な治療を提供しているが、内服忘れや透析間の水分や塩分の過量摂取患者の自己管理が課題である。また、指導や検査結果の分析は人間の手で行われており業務作業が増大。これらを効率的に実施できるデバイスの開発が必要である。
川崎医療生活協同組合  川崎協同病院  臨床工学科
臨床工学技士
人工呼吸器マスクの改良
人工呼吸器マスクは、海外製品が多く、アジア人の骨格に合っていない。
最近、ある日本企業がアジア人の骨格に適したマスクを開発した。アジア人の骨格に合わせたマスクを選択することで、従来の海外製と比較して、リークの低下による治療効果の増進、医療機器関連褥瘡の低減に繋がることが示唆されている。しかし、よりフィットしたマスクの実現に向けては、改善の余地がある。
茨城県厚生農業協同組合連合会 総合病院 土浦協同病院 臨床工学部
臨床工学技士
ペースメーカ用プログラマーの架台
2018年の植込み型心臓電気デバイス(CIED :Cardiac Implantable Electronic Device)の手術件数は新規、交換含めて約73,000件。手術後定期的に外来に通いCIEDをチェックしつづけなければならない。CIEDのチェックするための機器「プログラマー」は、非常に重く持ち運びに苦慮する。また、プログラマーは、メーカーごとに異なるため、何台も運ぶ必要がある。
国立成育医療研究センター  手術・集中治療部 医療工学室
臨床工学技士
体外循環専用流量計の開発
補助循環システムにはトランジットタイプ型の超音波流量計が搭載されていますが、複数の箇所を測定したい場合、追加で流量計が必要となります。最近では2点流量測定できる補助循環システムも販売されていますが、高価格であり、追加で流量計を用意することを困難にしている一つの要因となっています。
国立成育医療研究センター  手術・集中治療部 医療工学室
臨床工学技士
血栓を簡便に発見できるデバイス
「補助人工心臓」や「補助循環」などの装置で形成された血栓は、脳梗塞などの重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、日常管理で早期に発見することが重要となります。市販のライトを使いながら血液ポンプや回路チューブを目視にて確認していますが、ライトの種類や周りの明るさ、血栓の大きさや色、形成された場所によって見やすさが異なり、血栓の有無の判断が難しく、非常に手間を要しているのが現状です。
福岡県済生会飯塚嘉穂病院 イノベーション推進グループ
臨床工学技士
ケーブルのない心電図モニター
リハビリの際、心電図のケーブルが邪魔になるため
福岡県済生会飯塚嘉穂病院 イノベーション推進グループ
臨床工学技士
片手で使用できるトイレ周辺設備
片手では使用不可能な設備を使用可能にする後付の装置
福岡県済生会飯塚嘉穂病院 イノベーション推進グループ
臨床工学技士
小型酸素濃縮器
ボンベの持ち運びに片手がふさがってしまう。また、酸素が減るとボンベを取り替えないといけないことが不便。遠出ができない。
福岡県済生会飯塚嘉穂病院 イノベーション推進グループ
臨床工学技士
酸素ボンベの容量
患者に細かく酸素ボンベ容量、時間を把握してもらいにくいため困っている。
福岡県済生会飯塚嘉穂病院 イノベーション推進グループ
臨床工学技士
VR運転練習
実車練習までの運転評価及び運転練習としてのリハビリ機器が必要と感じている。
東京都済生会中央病院 栄養管理科
その他医療スタッフ
画像で身長・体重・体組成が測定する装置
寝たきりで拘縮のある場合は身長・体重・体組成の測定が困難であり、適切な栄養状態の評価ができない。
東京都済生会中央病院 栄養管理科
その他医療スタッフ
中心温度計
中心温度計で調理後の中心温度を測り85℃90秒を確認後患者へ提供するが、温度を測る差規模部分がもろく折れてしまう。5台の中心温度計を使用しているが2年で5代以上、先が折れた。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
安価な家庭用蓄尿瓶
腎機能を評価する検査に一日の尿をすべて溜めて(蓄尿という)、その一部を分析することがある。患者が自宅で蓄尿するために、蓄尿瓶を購入してもらっているが、高価であり(1,300円位)、場合によってはペットボトルを代用としている。一日の尿量も必要であり、メモリをつけてもらうよう説明をしているが、安価で提出用容器へのとりわけも簡単にできる容器があると患者サービスにつなげられる。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
超音波一元管理システム(プローブ)
院内で使用されている超音波装置(本体及びプローブ)について、いつどこで誰が使用したか記録が残りづらく稼動状況が把握できない。本体だけでなくプローブの使用状況も知る事で、使用目的の把握もしやすい。院内装置の配置の再考や装置購入希望が合った場合の必要性の参考としたい。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
心電図電極のウォーマー
当院では心電図電極にディスポ電極を被せて検査を施行している。胸部電極を装着時、患者さんから冷たい言われることが多いため、省スペースで電極を温めておけるもの。また、ディスポ電極は乾燥しやすい為、乾燥を防げるもの。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
装置上で蒸発濃縮しない試薬キャップ
現在、凝固系測定装置にて試薬を搭載して検査を行っているが、依頼頻度が少なく24時間搭載していない試薬がある。臨床的に重要な項目であるが、依頼頻度が少なく試薬の蓋もないため装置上でキャップなしで搭載しておくと溶液の蒸発及び濃縮により測定に影響を及ぼしてしまう。24時間稼動させるべく溶液の蒸発・濃縮を避ける汎用のキャップがあるとよい。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
経食道心エコー洗浄装置
経食道心エコーは食道から心臓を観察する超音波の手法であり、そのため使用のたびに消毒・洗浄を必要とする。生理検査に従事する検査技師がその洗浄に従事するが、用手法での戦場となっている。消毒液にはグルタルアルデヒドを使用しており、消毒の際の技師への健康被害、洗浄不十分による患者への健康被害、また洗浄に時間がかかるなどの問題点がある。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
超音波装置一元管理システム
院内で使用されている超音波装置について、いつどこで誰が使用したか記録が残りづらく稼動状況が把握できない。装置購入や診療などにどれほど寄与しているか現状では不明であり、診療各科が必要とする装置購入希望があった場合、適正な装置の運用・稼動がわからないまま必要性に応じ購入することになるため装置あたりの対費用効果がわかりにくい。また、共用運用なども組みにくい。
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
保存検体ラック
現在使用中の尿の保存検体用ラックは、ラック同士を直接重ねており、ISO15189取得時にも倒れる危険性を指摘されている。コンタミネーション防止も、間に薄いフィルムを挟むことで対応しているが、根本的な防止にはなっていない。また追加検査依頼時には重なったラックから検体を取り出さなければならない。
東京都済生会中央病院 臨床工学科
臨床工学技士
血液浄化、返血時のフィルター
血液浄化終了時、体外循環回路内の血液を患者へ戻すさいに、血栓や血塊が返血されてしまう可能性がある。
東京都済生会中央病院 臨床工学科
臨床工学技士
モデル肺
人工呼吸器を点検する時に使用するモデル肺はあるが、人工呼吸器の技術トレーニングに用いる機能を備えた物がない。
東京都済生会中央病院 心臓血管外科
医師
エコー下血管穿刺のトレーニングキット
動脈穿刺や、中心静脈穿刺の際の合併症には致死的なものが多く含まれており、実際の臨床の場ではエコー下の穿刺が推奨され、また患者さんに実施する前には、何らかのoff the job training で経験を積んでから実施することが望まれる。しかしながら、エコー下血管穿刺の簡単で安価なトレーニングキットは存在せず、off the job traning の実施を困難にしている。
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
尿道カテーテル
たまった尿が管からバックに流れづらい
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
骨髄採取した液を入れるバッグとその固定具
骨髄採取した液を入れるバッグと、バッグを固定する器具の装着が厄介。これは実際にお会いして説明した方が良いと思いますが、骨髄液を1L程度いれるバッグと、それを固定するためのスタンドとの装着がとってもやりづらく、なんとかならないでしょうかと思っています。しかしニーズは少ないかもしれません。
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
使いやすい骨髄採取針
骨髄液を採取するときに使っている針ですが、内筒を入れた状態で外筒を進め、骨髄の中に針の先端が達したら内筒を抜いてシリンジを装着して骨髄液を抜きますが、2~3回ぬいたら内筒を入れ直して骨髄に刺す位置を変えていきます。これまで使ってきた採取針は、いずれも、内筒を再挿入するときにカチンと一発ではまりづらくてイライラします
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
かぶれない透明テープ
点滴の刺入部やラインを固定するテープでかぶれる患者が多いです。かぶれないテープが無いでしょうか。
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
排便の性状を知りたい
患者の便の性状を知ることは大切なのですが、現在2つの問題点があります。①自動洗浄で、写真を撮る前に流れてしまう。②いちいち写真を撮りに行かないとならない。
これをなんとか出来ないでしょうか。トイレ内蔵のカメラ?
東京都済生会中央病院 血液内科
医師
便量・尿量計
排便や排尿の尿量を知りたいとき、現在は排便についてはポータブルトイレにビニール袋をおいて排便させ計量する、尿測は尿器でやっています。これを、トイレで自動的に出来ないでしょうか。
東京都済生会中央病院 呼吸器内科
医師
陰圧装置
病棟で糞便(患者の失禁やベッドサイドのポータブルトイレ)があると周囲に悪臭が拡がる
東京都済生会中央病院 呼吸器内科
医師
気管吸引チューブ
病院でも在宅でも喀痰を自己喀出できない患者に対して気管吸引する機会が多い(2時間毎に吸引など)。現在は盲目的にチューブで吸引しているため、どこに痰があるのかわからないず吸引に時間がかかり吸引している間に呼吸状態が悪化する、喀痰がないのに”痰がとれない”と強力に吸引し気道を傷つけ出血する、などといった問題がある。
国立国際医療研究センター 臨床工学科
臨床工学技士 (21年以上)
医療ガス配管を繫ぎ易くしたい
医療ガス配管は人工呼吸器を使用する際に、酸素や空気を供給するための配管設備である。人工呼吸器や酸素流量計を使用する際には必ず接続しなければ使用できない。接続には強い力で押し込む必要があり、また外す際にはガスの圧力に負けないよう抑えながら外さなければならない。
酸素流量計および人工呼吸器を使用する機会
国立国際医療研究センター 臨床工学科
臨床検査技士 (21年以上)
人工呼吸器の設定条件がわかるデバイス
呼吸器は、機種により設定項目の呼び名や略語が違う。そのため呼吸器を使用する際や別の呼吸器に切り替える際に設定入力を間違えることがある。機種に関係なく、設定項目を共通語にし、設定条件をわかりやすくしたり、動作確認の際にわかるようにしたい。
人工呼吸器を使用患者のうち、気管切開などを行い、慢性期に移行する患者
[自院] 50件
国立国際医療研究センター 医療機器管理室
臨床工学技士
医療現場でスマートグラスを使用したい
ディスプレイ機能を内蔵したスマートグラスを医療機器の点検や教育に利用することで、技師のキャリアに関係なく、メンテナンスの質を担保することが可能になる。
日本歯科大学附属病院(一般社団法人日本有病者歯科医療学会) 口腔外科
歯科医師
音声認識システム
診療録の電子化は診療情報の整理や多職種との共有などに一定の成果を上げ、診断・治療機器の進歩も相まって歯科医療のワークフローに根本的な変化をもたらしている。その一方で根幹をなすべき患者の病歴聴取等問診に関わる入力作業は以前にも増して時間・労力の浪費を余儀なくされている。医療現場の業務負担軽減、効率化を見据えた音声認識ICT技術の活用は急務であると考える。
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8