令和2年度 医工連携セミナー 開催レポート

【医工連携セミナー】AI(人工知能)の画像診断への応用 ※オンライン開催

日時 5月12日(火)17時00分~18時50分
内容

(一社)日本画像医療システム工業会の舟橋毅氏からは医療分野におけるAI(人工知能)の歴史、現在の課題と今後の活用の可能性についてお話いただきました。第3世代のAIでは質の高い大量のデータを必要としましたが、第4世代では個人の多様なデータの整備、それらを活用できる仕組みの構築により、情報を使えるようにすることが重要であると学びました。(株)アルムの坂野哲平氏からは、新型コロナウイルス感染症による世界の動向を踏まえ、国内外で新たなビジネスを展開するため、いままさに検討していることをお話しいただきました。危機をチャンスに変えるための着眼点を学びました。

セミナー詳細ページ

【医工連携セミナー】工学系若手研究者が語る医歯工連携のいまとこれから
※オンライン開催

日時 6月19日(金)16時00分~17時50分
内容

東京医科歯科大学生体材料工学研究所の影近弘之所長から同研究所のミッション、取組内容をご紹介いただいたうえで、横井太史准教授、川瀬利弘助教、辻耕平助教から各分野を代表する研究テーマをお話いただきました。横井先生からはリン酸カルシウムの人工骨とチタン製の人工歯根の開発、川瀬先生からは人とロボットの巧みさを生かした医療デバイスの開発、辻先生からはプロテインキナーゼをターゲットとした医薬品研究開発についてご説明いただきました。次世代の研究開発を担う若手研究者との出会いはアカデミアとの連携の機会を得るうえで大変重要です。

セミナー詳細ページ

【医工連携セミナー】医療界と産業界の連携のみらい ※オンライン開催

日時 7月9日(木)17時30分~19時20分
内容

森ノ宮医療大学の西垣孝行先生からはこれまでの開発経験、現在の取組内容を軸に、バイアスを外すこと、行動することの重要性をお話いただきました。コロナ禍においても、命を守る人を守ることをミッションに、臨床工学技士100人会議を開催し、COVID-19の対策を目的にニーズソンを企画するなど、自らが先頭に立ち、行動している様子が伝わってきました。京都府立医科大学大学院の島田順一先生からは医療機器開発に関わるようになった経緯から法人の立上げ、最近の開発の動向までをお話いただきました。TIK(Team In Kyoto)では、「JOIN TIK, EARN IT.」をキーワードに活動し、補助金を活用しながら、複数の開発テーマに取り組んでいます。

セミナー詳細ページ

【医工連携セミナー】いまこそ、学びたい医工連携 ※オンライン開催

日時 7月16日(木)17時00分~18時50分
内容

藤田医科大学の須田康一先生からは日本におけるロボット支援下内視鏡手術の歴史を踏まえ、さらなる安全、安心なロボット手術の実現とその普及に向けた課題、今後の取組方向をお話いただきました。国内のロボット手術では通信環境の改善、安定化による遠隔トレーニングの充実、トレーニングを通じたチーム全体の技術の向上等により患者にやさしい手術の実現に取り組んでいます。八戸市立市民病院の野沢義則先生からは教育機関や自治体と一緒に取り組んできた医工連携の実践事例をお話いただきました。医療者から提供されたニーズの深堀りや患者視点によるニーズの見極めの重要性を学びました。コロナ禍においても医工連携を中断することなく、これまで連携してきた地域企業の協力を得ながら開発を進める姿には勇気づけられました。

セミナー詳細ページ

【医工連携セミナー】医工連携の原点から次世代医療まで ※オンライン開催

日時 7月29日(水)17時00分~18時50分
内容

一般社団法人日本医工ものづくりコモンズの谷下一夫先生からは、講演のタイトルのとおり、ヒトに着目して、医工連携の推進のポイントをお話しいただきました。医学界と産業界のパートナーシップの構築、コアメンバーによるユーザーイノベーション、そのコアメンバーを集めるためのコミュニティの形成の重要性を学びました。東京女子医科大学の清水達也先生からは先端生命医科学研究所における医理工薬・産学連携の融合型の人材育成と研究開発について、過去から現在に至る取り組みをご紹介いただきました。同研究所では、社会人を対象とした医学教育を実施しており、異分野融合の人脈形成の場になっています。プログラムの修了生は、優れた医療機器の開発、発明をおこなっています。

セミナー詳細ページ