東京都

東京都医工連携HUB機構

ニーズを見る
帝京大学医学部附属病院
栄養部
化学療法時脱毛予防用の頭部・手足冷却装置
現在流通している製品は3機種あるが、いずれも外寸が大きく高価である。また、1台で2人が同時使用ができるようになっているが、日本の化学療法は個人個人で行われており、実態にそぐわない。安価で、化学療法の前後も含め簡便に使用できるものが必要とされている。また、有害事象としては、末梢神経障害がしられ、施行中の冷却が効果的と言われている。冷却用の手袋、靴下が効果的。
帝京大学医学部附属病院
整形外科・外傷センター
生体吸収性 小血管止血クリップ
有茎・遊離皮弁挙上時など微小血管の結紮を頻回に要する手術では、手術時間の短縮・術者 の負担を減らす目的で、絹糸などを使った手結紮ではなくステンレス製の微小クリップを用いている。これらのクリップは生分解されないため永久的に遺残し、術後の痛みや感染源となる可能性がある。
帝京大学医学部附属病院
整形外科
コードレス関節鏡
関節鏡は四肢全ての関節手術で使用されており、現在の医療においては欠かせない医療機器となっている。実際の関節鏡手術では、光源コード、還流液、画像コードなど、使用するカメラに多くのコードが付属しており、設置に手間を要するのと同時に絡まったり術野から落ちてしまったりすることがある。このコードを1本でも減らすことができれば術者の手間が省け、手術時間の短縮と術中トラブルの防止につながると考える。
帝京大学医学部附属病院
整形外科
術後四肢冷却装置
四肢関節術後の腫脹は関節の拘縮や疼痛の原因となるために、術野の冷却を行う。徹底した冷却を行うために、一般的には氷枕やアイスノンを用いるが、すぐ溶けてしまうために頻回の交換を要する。持続的に冷却した還流液を流して創部を冷却するクーリングシステムが開発され、一部の医療施設で使用されているが、機器が大きく高価であり、改善の余地が大きい。安価で取り扱いの容易な装置があれば多くの施設で使用できる。
帝京大学医学部附属病院
整形外科
オーダーメード3D人工骨作製器
外傷後や手術後に生じた骨感染の治療では、感染した骨を完全に除去する必要がある。その結果の生じた骨欠損の再建は難渋することが多く、現在は骨盤から採取した自家骨と顆粒状の人工骨とを混合して骨欠損部に移植している。しかし骨欠損が大きくなると、移植した骨が骨欠損部内で偏在し部分的に骨形成されてしまう問題がある。初めから骨欠損の形状に合わせた3D人工骨を移植できれば、全周性の骨形成を得られる可能性がある。
帝京大学医学部附属病院
整形外科
圧センサーストッパー付き骨接合術用ドリル
手術で骨を扱う診療科において、ドリルの使用中に対象の骨を貫いてドリル先端が対側の軟部組織を損傷することがある。筋肉や脂肪組織の損傷であれば影響は少ないが、神経や血管を損傷すると患者に重大な合併症を生じる危険性がある。術者のマニュアルでの操作だけでは適切にドリルを止める事は難しく、安全性を高めるための工夫として、例えば圧センサーによる自動ストッパー付きのドリルを提案する。
帝京大学医学部附属病院
整形外科
四肢ギプス固定用陰圧装置
四肢骨折に対して適切にギプス固定を行う事は、実は難しい。固定が緩すぎれば骨折部がずれて不要な手術にいたり、きつ過ぎれば血流障害や神経障害、皮膚障害など重大な合併症を生じる危険性があり、これらは担当医の技量によるところが大きい。誰が行なっても安全で適切なギプス固定ができるように、ギプスを巻いてから固まるまでの間に目的の部位を全体的に均一に適切な圧迫をかけられるような陰圧圧迫装置を提案する。
帝京大学医学部附属病院
外傷センター
(骨に穿孔する)ドリルのようなもの
整形外科領域の手術をする際に、plate等の骨接合をする道具を用いる。その際、現状ではドリルを用いて骨に穴をあけ、screw固定している。ドリルで骨穿孔すると、摩擦熱で骨壊死を起こす、ドリルが回るため周囲の組織を巻き込む、反対側を突き抜けた際にその先にある組織を傷つけるなどの有害事象が起こりうる。ドリルじゃなくても良いので骨に穴が開けたい。
昭和大学
外科学講座 呼吸器外科学部門  
乗り降りしやすい車いす
病院内において使用する車いすには様々な改良すべき点があるが,そのなかで最も大きな課題が乗り降りしにくいことであると思われる。今回その課題を解決したい。
歩行障害のある患者さんが対象となるのでスケールメリットは大きいと思われる。実現すれば病院側にもメリットがある。
国立国際医療研究センター
食道胃外科
ローラがない経腸用チューブの開発
経口摂取不能の症例に、経管や経腸栄養を行うが、自身で行うときは、輸液チューブに類似したルートを使用し、調整はローラーを用いている。高齢者には、投与量の設定が困難であったり、握力がないのでローラを回して調整することでさえ苦労している。
日本大学医学部附属板橋病院
呼吸器内科
ピークフローメーター
喘息患者は呼吸状態を自宅で簡易に測定できるピークフローメータを使って、喘息日誌を記録する。コロナ感染拡大の中、受診の必要性を判断するツールとしてピークフローメーターの使用拡大が期待されている。スマートフォンアプリへの記録を行っている患者は増加しているが、スマートフォンに連動して記録の残せるピークフローメーターは国内にはない。
日本大学医学部附属板橋病院
呼吸器内科
マウスピース
吸入薬を効果的に使用するために口腔内を広く開けて、吸入を行うことが推奨されている。そのためには舌を十分下げた形で吸入を行う指導を行っているが、患者によっては理解が難しく、困難な場合がある。そのため,適切なポジションに舌を誘導することができるマウスピースを考案した。
日本大学医学部附属板橋病院
呼吸器内科
吸入補助具(スペーサー)
吸入治療を要する高齢患者が増加するなか、吸入補助具(スペーサー)を使った吸入指導に診療報酬加算が可能となった。高齢者が使いやすいスペーサーが求められている。弱い握力でかつ吸入力の弱い高齢者でも一人で吸入できるスペーサーのアイデアを実現することで、患者のみならず、介護者の負担も軽減できる。
国立国際医療研究センター
乳腺外科
手術時の切除範囲マーキング用試薬
標準的な乳癌手術術式として乳房部分切除があるが、病変とその周囲の性状乳腺組織を正確に切除することが必要なため、執刀前に色素を用いたマーキングをする必要がある。現在、それ専用の色素はなく、厳密に言うと薬剤の適応外使用を行っているのが現状である。適応外使用も問題であるが、その都度、アンプルを開ける、薬剤を混ぜ合わせるなどの作業も発生するため、安全面や手間の問題も生じうる。
国立国際医療研究センター
児童精神科
子どものメンタルヘルスに関するアプリ
児童精神科領域において、専門医と専門機関の少なさは大きな課題である。一方で、児童虐待や不登校、子どもの自殺などのニードは極めて高くなっている。専門機関と地域の医療機関・児童福祉機関を繋ぐネットワークシステムと診断・治療アルゴリズムに関する自然言語処理アプリケーションの作成が、それらの問題解決の一助となる可能性がある。
国立国際医療研究センター
泌尿器科
バルンカテーテル素材
尿道カテーテル、膀胱瘻カテーテル、腎瘻カテーテルはいずれも先端のバルンに蒸留水を充填して固定し、おおむね4週間ごとに交換を行っている。その素材は、ラテックスかシリコン製であるが、いずれも4週間後の交換時にバルンを虚脱されるとバルンの素材が延びた状態で襞状となり、抜去時に引っかかり、痛みや出血を誘発することがある。
国立国際医療研究センター
泌尿器科
尿道カテーテルに装着する蓋(キャップ)
尿閉の患者様で、尿道にカテーテルを留置することがある。尿道カテーテルには尿を貯留させるバッグを接続するか、あるいは蓋を装着する。蓋を装着した場合は患者様が1日に数回蓋を開けて、膀胱内にたまった尿を排出する。既存の蓋は巧緻性あるいは筋力が低下した場合に操作しにくく、それが理由で蓋を利用できずにやむを得ずバッグを使用するケースがある。
国立国際医療研究センター
国際診療部
通訳・翻訳機能を持ったロボット
現在、外国人診療の時には、対面通訳や遠隔通訳(電話通訳・オンラインによるビデオ通訳)が行われており、医療通訳を必要とする場所に看護師がデバイスを運びその場に同席し設定している。昨今、コロナなどの感染症の診察も増え、人が同席しないでも可能な体制を模索している。ロボットを呼ぶと必要な場所にロボットが向かい、医療通訳や翻訳(問診票等)を行うことで、外国人診療がスムーズに行うことができる。
国立国際医療研究センター
産婦人科
痛みの少ない腟鏡
日本の子宮がん検診受診率は20-30%ほど、諸外国と比較して大きく遅れをとっている。原因は様々だが、産婦人科の診察は、少なからず痛みを伴うため苦手な人も多く、受診を控える要因のひとつと考えられる。それによらずとも、痛みが軽減される工夫は重要であり、痛みの少ない腟鏡が実現すれば、多くのニーズが期待され、検診受診率の向上にも寄与する可能性がある。
国立国際医療研究センター
産婦人科
子宮頸管留置チューブ
子宮頸管は子宮の外と内腔をつなぐ、長さ3cm径数mmの、月経血や精子が通過するに不可欠の構造である。子宮頸部円錐切除術後に狭窄し、月経血貯留や細胞診採取不能を来すことが以前から問題とされ、他のカテーテルを留置しても抜けてしまうなど、その予防法は確立していない。また高齢化社会では、加齢による狭窄から、しばしば子宮留膿症による骨盤感染を来たし、施設などで治療に難渋する。これらの解決を目指す。
国立国際医療研究センター
呼吸器内科
重症患者の換気モニタリングシステムの構築
重症患者ではベッドで寝たきり状況となり、重力効果で背側の換気が悪くなり、またそのような換気が悪いところに血流が多く還流することで、酸素化がより悪化する。
このような不適切な換気と血流を改善させるべく、これらをモニタリングしディバイスがあると有効である。
最近では一般X線撮影装置を用いて動画を撮影できるデジタルX線動画撮影システムが開発されておりこれらの応用が期待される。
国立国際医療研究センター
呼吸器内科
人工呼吸器グラフィックモニターの自動解析
COVID-19の重症症例管理においては人工呼吸器が必要とする症例を経験した。
このような症例は人工呼吸器管理やECMO管理が必要となる。
もし、心電図の自動解析のように、人工呼吸器のグラフィックパターンをAIを用いて解析が可能で、今起こっているトラブルに対してアラートを発しつつ、どのような対応法が良いかを提示できるようなシステム構築ができれば、若手医師の教育にも応用でき非常に有効と考える。
国立国際医療研究センター
放射線診療部門
顔認証機能付き入退室管理システム
患者治療情報の展開は、患者の有するバーコードを読み取ることによる。バーコードは生体認証等とは異なり、完全に患者間違いを起こさないツールではない。
また、治療中は患者以外全スタッフが照射室から退室することが求められる。照射担当者の確認不足や、他スタッフの不用意な入室等により、患者以外のスタッフが照射を受けてしまう事故をシステムとして完全に防ぐことができない。
昭和大学
歯学部歯周病学講座
超音波歯垢除去機
歯科治療では、超音波振動させた部材を歯に当てることで歯垢や歯石を除去するが、細菌の菌体レベルでの除去はできていない。そこで、我々はインプラント周囲炎患者の歯垢除去を目的に流水に超音波振動をのせることで、ミクロなレベルで微生物除去が可能で洗浄効果の高い、流水式超音波口腔清掃器の開発を行ってきた。基本的な特許は国内外で成立し、現在はPMDAへの申請を視野に製造販売業の医療機器メーカーを探している。
社会医療法人財団白十字会 佐世保中央病院
臨床工学部
簡易型陰圧保護システム
COVID-19などの飛沫感染患者を受け入れる医療機関では陰圧室で患者管理を行うが、搬送時や臨床業務で医療スタッフにウイルスが飛沫する可能性が高く、完全にウイルスを遮断することは難しい。また、診療所や小規模病院、医療資源の乏しい地域などでは装置自体の確保も困難である。飛沫感染防止の為、簡易的に陰圧が保て、安全に医療が行えるシステムが必要である。ポリ袋製造や加工、空気清浄設備が得意な企業を求めます。
昭和大学横浜市北部病院
臨床工学室
人工呼吸器の加温加湿器
人工呼吸器を使用中、医療ガスを加温加湿する必要がある。そのために、加温加湿器を用いるが、精製水ボトルから給水し、空になったら交換する必要がある。空の状態で加温を続けると、いずれ加温加湿器の高温でアラーム鳴るが、その間加湿不足になる危険性がある。また、加温加湿は室温や呼吸器条件で変化するため、精製水の使用量が把握しづらく、気づいたら空になっていることがしばしば起こる。
国立がん研究センター東病院
麻酔科
ベッド関連機器
既存のベッドは、ベッドボード側にブレーキがないため、手術室で麻酔科医がいる位置からブレーキ操作ができない。そのため、意思疎通がうまくいかないと、患者転落事故につながる可能性もあるため、ヘッドボード側からブレーキをコントロールできるシステムが求められている。
国立がん研究センター東病院
看護部
教育システム
看護師の離職理由として、職場に求められる能力とのギャップや、現場での教育環境などが理由として挙がっている(厚生労働省)当院でもせん妄や認知症への対応、急変や患者家族への接遇などで悩む新人看護師は多く、研修や参考書などで学習しても、実際に上手く対応できていない現状がある。映像を用いた学習も進んでいるが、よりリアルに疑似体験、または経験者の追体験ができるようなシステムがあれば実践に生かせる
国立がん研究センター東病院
大腸外科
診断装置
少し深いところにミクロレベルで残ったがん細胞は、大腸カメラとMRIでカバーできないため、表面から2mmくらいにある大きさ1mmのがん細胞を客観的に発見できるデバイスがほしい。
国立がん研究センター東病院
麻酔科
手術ベッド関連機器
手術体位は診療科によって様々で、体位変換の際、患者は麻酔の影響で無意識で筋肉が弛緩した危険な状態にある。しかし、体位変換に参加する麻酔科医、看護師は女性が多く、患者の状態に注意しながら、人力で体位変換を行っている。患者の体格によっては体位変換は困難な場合があり、少ない人数でも安全に体位変換が行える機器が必要である。
国立がん研究センター東病院
呼吸器外科
鉗子、リトラクター
現在、患者さんの負担をできる限り少なくするため内視鏡手術が主流になっている。
胸腔内で手術を行うワーキングスペースを作るため、虚脱させた肺を圧排している。
体表の切開箇所を増やすことなく、胸腔内の肺を容易に展開するための器具を開発をしたいと考えている。
国立がん研究センター東病院
婦人科
手術器具
手術中に子宮の位置を調整するマニピュレータ操作のために、現状では医師1人がついている必要があり、執刀医の指示によりマニピュレータの向きを変えるが、助手からはモニターがミラーイメージとなるため、操作がし辛い。また、腹腔鏡だと術者がサポートできるが、手術支援ロボットだと手が届かず、離れた場所から口頭指示で行っているが、なかなか思うような形で固定できないという現状がある。
国立がん研究センター東病院
緩和医療科
投薬管理デバイスシステム
緩和医療において重要なオピオイドは、麻薬となるため投薬管理が重要である。しかし、現在のところオピオイドの内服/点滴時間や容量、呼吸数モニタリング等 がしっかりと管理できるところまでは至っていない。
そこで内服や点滴などの投薬履歴等を残し、呼吸数などのモニタリングができるシステムを構築し患者さんの疼痛管理、オピオイド製剤の管理ができるようなシステムを構築したい。
昭和大学病院
臨床工学室
人工呼吸器のアーム
人工呼吸器回路を保持するアームが、数年使用すると回路を支えられずに、折れてしまったり、関節の数が少なく、思うようなところで保持できずに挿管チューブが抜けそうになる事例が発生する。
昭和大学横浜市北部病院
放射線技術部
撮影患者固定具
脳梗塞患者など自然に頭が動いてしまう。体動が生じると、被ばく線量、造影剤量など増加してしまう。それにより、治療時間も長くなってしまう可能性がある。
昭和大学横浜市北部病院
放射線技術部
ポータブル装置用感染防止防護具
コロナ患者のX線撮影は、ポータブル装置で行われることも多い。
装置が大型で、感染対策するのが現状では時間がかかってしまう。感染対策の設置、清掃、廃棄等が簡便な、感染対策用品(装置を覆う等)の備品が必要としている。
江東豊洲病院/保健医療学部
看護部/看護学科
幼児用ベッド
幼児用ベッドは、高さ調節できないため、ベッド柵によじ登って転落するケースもあります。現在は、天井付きベッドなどを活用して転落防止に努めていますが、高さを上下できるベッドがあると良いのではと思う。
江東豊洲病院/保健医療学部
看護部/看護学科
水薬の内服スポイト
小児の内服は水薬が多く、量を測って服用させていますが、適切な量を測っているつもりでも、最後に水薬が不足したり余ったりする。そのため適正に量を測れるスポイトがあると良い。例えば、ワンプッシュすると1規定量が出る。
昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
看護部
医療機器が挿入されてた患者の移動
多くの医療機器が挿入された重症患者のベッドからストレッチャーへの移動には、マットを体の下に入れ込み、多人数で入れ込んだマットを持ち上げて移動している。挿入物が抜けないよう細心の注意をしながら実施している。安全にかつスタッフの身体に負担のない移動方法があるとよい。
昭和大学藤が丘リハビリテーション病院
看護部
心電図モニター
モニター心電図には、波形、脈拍数がでているが、不整脈、電極のはずれ等により、アラームが発生する。不整脈に関しては、経験の浅いスタッフなどは、何の不整脈なのか判断できず、どのように他のスタッフや医師に報告してよいのか困ることがある。
昭和大学横浜市北部病院
看護部
皮膚を傷つけない車いすのフットレスト
車いすのフットレストの材質は硬く、特に裏側は凹凸があり、下肢にフットレストが接触した場合に、外傷性の皮膚障害(皮下出血や皮膚裂傷;スキンーテア)を起こすことがよくある。特に高齢で皮膚が脆弱な患者では、皮膚障害が重症化する可能性もある。移乗時だけでなく、自走している患者や車いすに座っている際にも注意が必要な状態。材質を変えることで皮膚損傷の予防ができると考える。
昭和大学病院
看護部
2パック同時接続が可能な経腸栄養用ルート
経腸栄養はRTH(Ready To Hang:つり下げ式)が主流となっている。しかし1回の投与量が1パック分とは限らないため、途中の付け替えが必要となる。途中の付け替えは患者が看護師を待つことや呼ぶことの負担のほか、看護師の作業効率も低下する。2パック同時に接続可能なルートがあれば、患者・看護師の負担軽減につながることが期待できる。
昭和大学病院
リハビリテーションセンター
おしゃぶり落下防止道具(新生児用)
NICUの児はストレスを感じやすいが、自己でステート(覚醒状態)を保つ事が出来ない。啼泣により児の酸素化低下やポジショニング不良に繋がるため、リハビリ時におしゃぶりを使用するが、その際他者が手で押さえている必要がある。その手間が無くなることで、リハビリ時に介助の手が増えより安全にリハビリが出来ると考える。また、日中児が落ち着いて過ごせる時間が増え、看護師の業務負担軽減に繋がる可能性がある。
昭和大学病院
リハビリテーションセンター
車椅子(フットレスト)
病院内では車いすの保有数等の制限があり、患者1人につき1台の貸し出しとはならず、数名の患者で1台の車椅子を共有することがある。患者によって体格差があり、高身長用にフットレストを調整すると低身長の方が使うときにフットレストに足が乗らず、逆の場合は膝・股関節が深く屈曲し、お尻に応力が集中して褥創ができてしまう。フットレストの調整は時間がかかり、調整のための道具が付属していないことが多い。
昭和大学病院
リハビリテーションセンター
ベッドサイドの靴置き(環境整備)
臨床現場で、患者さんの靴がベッドの下に入ってしまうことが散見される。靴をベッドの下から取り出すのが手間であることだけでなく、靴を患者さん自身で取ろうとして転倒につながることがある。大部屋ではベッド周囲のスペースが少ないので、簡易的でスペースを取らない靴おき場所があると便利で転倒予防にもつながる。
千葉県がんセンター
手術室
「遺物発見装置」(超音波・透視)
手術室では、針やガーゼ、微小な破損を術野で捜すことが多々あり、
手術を中断し周囲を捜索する。
早く手術を進めたい外科医と、探し出して患者の安全を確認したいNs、それぞれがヤキモキする。
こんな場合に、ポータブルレントゲンよりも、もっと小型で滅菌状態で臓器以外の物に反応する機器はないだろうか?
遺残を防ぎ安全の確保、手術時間の短縮、医師のイライラ予防に繋がると考える。
千葉県がんセンター
食道・胃腸外科
直腸クランプ鉗子
腹腔鏡下・ロボット支援下直腸切除手術時に直腸切離部位近傍の腸管を挟んで閉じるデバイスを用いて腸管を閉鎖する必要がある。
その際、細いポート孔から体腔内に挿入することができ、狭い骨盤内で限られたスペースで設定した位置で確実に腸管を閉鎖できるデバイスが要求される。
現存のデバイスには「操作性」「把持力」などにおいて課題が存在する。
千葉県がんセンター
看護局外来治療部
電子決裁
医療現場においても電子化が進んでいるが、検査や治療ごとの「説明・同意書」や「問診票」などは紙運用が継続している。紙の同意書や問診票の内容を確認するためには、患者が原本を提出するのを待ち、かつ手元に届けてもらうか、電子カルテに取り込まれるのを待つしかない。特に問診票の内容は、その後の検査や治療の準備に関わる為、事前に内容を確認し医療者間で共有できるシステムの開発が望まれる
千葉大学医学部附属病院
内視鏡センター
大腸内視鏡飛沫防止カバー
昨今のコロナウイルスの影響により、経口、経鼻内視鏡を施行した際の咳嗽によるエアロゾル発生に関して注意はされていますが、糞便からの感染の可能性が否定できないため、大腸内視鏡でも注意が必要です。特に内視鏡を介してCO2や空気、水の注入も必要であり、飛沫のリスクは高いと考えます。簡易的に、安全に安価で使用できる飛沫防止カバーが必要だと考えます。
千葉大学医学部附属病院
内視鏡センター
防水機能付き患者搬送シーツ
内視鏡を実施する際は多くの防水シーツを使用しますが、患者を処置台からストレッチャーに移動する際に、安全に簡易的に搬送できるような防水シーツはないため、防水機能付きかつ、患者を持ち上げることが可能なシーツがあれば、病棟まで、もしくはリカバリーベッドまで使用が可能になればコスト削減にもつながると考えます。
千葉大学医学部附属病院
内視鏡センター
データベース自動ファイリングシステム
特に大学病院では、膨大なカルテ情報から臨床研究に必要なデータを探し、オリジナルの台帳作成が必要となる場面が多く、非常に多くの時間を費やしています。電子カルテメーカーに依存せず、簡単にデータベースを検索、台帳作成までサポートするシステムがあれば、臨床研究医の費やす労力や時間が大幅に削減できると考えます。
千葉大学医学部附属病院
内視鏡センター
大腸内視鏡用プライバシー保護ベッド
婦人科の処置台にはカーテン付きで自動体位保持機能のある処置台が通常よく使用されるが、大腸内視鏡用のベッドはカーテンが使用されません。アンケートをとる必要はありますが、需要はあると考えます。
千葉大学医学部附属病院
内視鏡センター
ディスポーザブル体位保持具
内視鏡検査/治療時に使用する体位保持器材はリユース品であり、ビニールや防水シーツで包んで使用している。交換の手間や、接触感染など汚染のリスクを考慮しディスポーザブル化を望んでいます。
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
手術指導装置
正確な操作が要求される手術中、特に腹腔鏡手術において両手に手術器機を持ち両手が離せない状況の指導医がモニターを見ながら指示する「ここ」「そこ」が正確に伝わらない。また教育を受けた若手の医師も後から手術を振り返ったときに、「ここ」「そこ」が「どこ?」だったのか不明確なまま過ぎてしまう。指で画面を指さなくとも「ここ」「そこ」が正確に伝わり、それが記録される装置があれば、手術や教育の質が画期的に向上する
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
内視鏡用生検鉗子、標本ケース
内視鏡検査時に病変より一部組織を採取するために生検鉗子を用いる。しかし、その組織を鉗子から取り外し、病理標本ケースに移す際に時間を要することがある。組織の有無や大きさが迅速に判断できることが一つである。また組織を外すために攝子(ピンセット)や楊枝を使用しているがなかなか外れない、または意図せず外れた場面に遭遇する。生検後に組織を確実かつ迅速にケース内へ移せるような機構が求められる。
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
音声メモ
内視鏡検査は術者と介助者の2者で行われていることが一般的である。検査中に両者の手指は当然汚染されている。そこで検査中に病変の状態や患者の状況など簡単な記録をしたい時には、現状として介助者が手袋を外してメモ用紙に記載している。同一患者に数回の記録が必要であればその都度手袋を消費することになる。両手が塞がれた状況でも、簡単な記録が残せる装置が求められる。
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
内視鏡用生検鉗子
消化器内視鏡検査中に対象物の組織を採取することは頻繁にある。その際に、スコープを対象物に近づけて生検鉗子を先端から出すが、位置関係で生検ができない場合がる。特にスコープのアングルを最大限にかけて(曲げて)もまだアングルが不十分であるときにみられる。スコープを長期間使用して、アングルワイヤーが緩くなった状態で使用している施設も多くみられることから、鉗子の改良が求められる。
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
内視鏡用マウスピース
現在、経口消化器内視鏡検査の際にマウスピース(猿ぐつわ)は必須である。この目的は歯牙でスコープを噛んで損傷しないようにとのことだけである。Covid19が蔓延した現状では、検査時の患者からの飛沫感染を予防する目的も兼ね備えた形にすることが重要と考えた。マウスピースの改良だけにとらわれず、新規アイテムの開発としてもよい。口だけではなく、鼻孔までもカバーする必要性が求められる。
千葉大学医学部附属病院
食道・胃腸外科
消化器内視鏡用異物摘出デバイス
小児、高齢者に多い異物の誤飲に対して内視鏡的摘出は頻繁に行われる処置である。現状は、既存の消化管病変に対する内視鏡処置器具を応用して摘出処置を行っている。例えば、把持鉗子、ポリープ切除スネア、回収ネット、オーバーチューブなどである。しかし、異物の大きさが大きい場合や、長い形状、さらには鋭利な形体においては摘出困難となり、手術を選択せざるを得ない。そこで、異物摘出に特化したデバイス開発を考えた。
千葉大学医学部附属病院
手術部
手術中に使用できるシャント保護具
透析患者のシャントが手術の体位固定による圧迫でつぶれることがないよう、独自で作成したアクリル製保護カバーを使用している。しかし外力による圧迫からシャントを守るため大きく頑丈な構造である。術者の邪魔になることが多く、硬い素材はシャント部位以外に接触すると皮膚障害や神経損傷を招く。シャント保護機能はそのままで、患者の他の部位に接触しても優しい素材で、医療者の操作の邪魔にならない保護カバーが望まれている
千葉大学医学部附属病院
手術部
手術室における体位固定具
マイクロビーズを用いた陰圧型体位固定具は手術室に欠かせない用具の一つであるが、陰圧形成前に処置を行うと患者の自重で内部のビーズに偏りが生じる。偏りの修正には多くの時間と労力を要し、不十分だと術後の皮膚障害や神経損傷のリスクが高くなる。また素材が冷えやすく蒸れやすいため術中の体温管理に難渋している。内部ビーズの偏りが少なく、通気性・吸水性の高い表面素材の体位固定具が強く望まれている。
千葉大学医学部附属病院
病院経営管理学研究センター
患者支援フロー/支援情報一元管理アプリ
現状の電子カルテシステムでは、診療録を中心的に扱うように作られているため、診療録ではない患者支援に関する情報は電子カルテの中の様々な場所に散らばっており、一元化できていない。また、多職種での管理もしづらい。コストが高く業務フローの変更に応じた細かく柔軟に改修できない。業務フローが見えないため医師の権限委譲も進まない。柔軟な運用をするとなると結局紙になってしまい、電子情報が蓄積されていかない。
千葉大学医学部附属病院
脳神経外科
音声以外の情報も伝えるナースコール
ナースコールは病棟において患者と看護師を結ぶ重要なコミュニケーションツールであり、現状は音声でのみ情報伝達を行う。診療科によっては音声による意思伝達が難しい患者が少なからずあり、その場合は1回のコールに対し、用件確認の訪室とその後の対処の再訪室と業務負担が倍加する。もし、音声以外の方法でも患者が要望を伝えることのできる仕組みがあれば、コールの多い病棟では看護業務の大幅な負担軽減が期待できる。
千葉大学医学部附属病院
脳神経外科
遠隔メンタリングシステム
脳神経外科における血管造影検査は,手技を行う修練医が,共に撮影室内に入った指導医の助言を得つつ検査を行うのが通例であるが,新型コロナウイルスの感染拡大や働き方改革の推進により,指導医が隣接する操作室内や,より離れた場所からメンタリングを行うことが求められている。検査画像を共有しつつ,会話の内容が患者の耳に入ることなくメンタリングを可能にする仕組みは未だ確立されていない。
聖隷三方原病院
CE室
在宅酸素療法の酸素チューブ
在宅酸素療法をされている方は、約17万人、平均年齢73歳です。患者様は自宅内の移動範囲をカバーする為、酸素濃縮器に接続した酸素チューブを延長し使用します。高齢の方が多い為、長いチューブを裁きながら移動は大変です。移動時に酸素チューブの接続が外れ、酸素が止まると呼吸困難が容易に発生するリスクがあります。これらの問題を解決し、より安心安全な在宅酸素療法を提供する為にチューブ関係の企業を求めています。
聖隷三方原病院
CE室
人工呼吸器の各種フィルター
人工呼吸器は、全国に約3万6千台配備されています。人工呼吸器には、人工鼻や吸気呼気フィルターを使用します。これらの多くは、性能維持の為24時間毎の交換が必要です。フィルター交換は、人工呼吸器回路を外し交換します。その為肺を虚脱させるリスクや新型コロナの患者様では、医療者への感染のリスクが発生します。フィルターを改善する事で、これらのリスクを軽減できます。フィルター関連の企業様を求めております。
日本赤十字社医療センター
脊椎整形外科
打腱器
臨床現場が抱える問題:脊髄症のスタンダードな評価方法であるMRIが安易に使われていること。

高齢化社会に伴い加齢性変化で脊髄が圧迫されている患者は増加している。そのため、手足の症状を訴え病院受診する患者を診る機会は多い。一方で、MRI台数の多い日本では、脊髄症の診断目的に安易にMRIを撮像することが多く、医療費を高騰させている。
社会医療法人抱生会丸の内病院
臨床工学課
酸素ボンベ残量計(高フローシステム専用)
呼吸療法の高フローシステムは、酸素・空気混合ガス(30~60 L/分)をマスクまたは経鼻カニュラを通して吸入させる酸素投与方法である。高フローシステム使用患者の救急搬送時に救急車の実容積10Lの酸素ボンベ(ガス充填容量1,500L)の残量が数十分で無くなる。酸素が枯渇すれば生命の危険に繋がるため、実容積が大きい酸素ボンベに取り付けられる酸素残量計が欲しい。計測器製造企業を求めています。
社会医療法人抱生会丸の内病院
臨床工学課
女性への蘇生を躊躇せず行えるデバイス
公共の場所で心肺停止者に遭遇した際、早期に一次救命処置(BLS)を行うことが必要である。しかし救護者が男性の場合、心肺停止した女性にBLSを行う際、「女性にBLSをしたらセクハラで訴えられる」などを考えてしまい、救護までに時間を要してしまう可能性がある。老若男女問わず、誰でも目の前で倒れた人に遭遇したら臆せず躊躇せずにBLSを行えるデバイスが必要である。資材、樹脂加工、化繊加工企業を求めています。
東海大学医学部付属八王子病院
臨床工学技術科
テーブルタップ
複数の医療機器を、安全かつ適正に使用するためには、それぞれの機器の定格電流を常に把握する必要がある。しかし、使用場所の定格電流上限をすべて把握し、さらに現在かかっている電流値を簡便に把握することは困難である。そこで、これを容易に確認できる機器開発のため、電気関係の企業を求めています。
公益財団法人小倉医療協会 三萩野病院
整形外科
肩装具
肩には手術でなくても治療できる外傷が沢山ある.
(上腕骨近位端骨折,腱板断裂,肩鎖関節脱臼,鎖骨遠位端骨折,  
  肩関節脱臼,脳卒中後の肩関節亜脱臼,投球傷害や投球後の疲労など)
治療の主体は装具であるが,三角巾は19世紀の吊り具で誰も着けたがらない.
20世紀の肩装具は長大で重く,必ずしも快適でない.
喜んで装着したくなるような21世紀のスリングが必要だ.
昭和大学歯学部
歯科保存学講座歯科理工学部門
エキシマランプの歯科機器への応用
歯科診療の現場では患者ごとに手作業でユニットを消毒をしているが、人手と時間がかかる。エキシマランプを活用して、より簡単で安全な方法でユニットを消毒できるようにしたい。
東京都済生会中央病院
整形外科
筋肉の萎縮を定量化する機器
医療において、筋肉の萎縮を定量化する方法は現時点ではない。MRI、エコーも断面図の2次元的評価である。非接触型で、かつ簡便に四肢(特に手)の3D計測を行い、左右差より筋肉の萎縮を定量化することで委縮の分布・程度で診断の手助けとなる。
駒澤大学
医療健康科学部 講師/博士(保健学)
感染防護策を講じた感染防護ユニット
感染症陽性または陽性疑いの患者を診断する場合には、医療従事者や院内の一般患者への感染を防ぐため, 徹底した感染防護策を講じる必要があり, 診療機能が低下する現状がある。これらの課題を実現化するための知見・発想は具体的に有しているところ(特許出願済)。開発に当たり樹脂加工等を得意とする企業様との面談を希望したい。
自治医科大学病院
リハビリテーションセンター
骨盤底筋の刺激方法
骨盤底筋への理学療法で便失禁や便秘が改善することがわかっているが、なかにはトレーニングを指導してもうまくできない方がいる。骨盤底筋へ簡便に刺激を与えられる方法や機器があれば老若男女問わず継続的にトレーニングを実施でき、便失禁や便秘が改善する患者の増加が見込める。
西新井大腸肛門科
消化器外科
高度便秘患者用の摘便器具
高齢者において、多量の便が直腸で停滞し独力で排出できなくなることがある。摘便とは、こうした便を肛門から指を入れて摘出する医療行為である。
摘便に伴う問題点として1)肛門に入れた指を直腸内で動かすので肛門に疼痛を伴う。2)指による一回の操作で便をかき出す量は限られ、非効率的。3)周囲に汚染や匂いが広がる。が挙げられる。
患者の苦痛を最小限にし、安全にかつ周囲環境を汚染せずに摘便を行いたい。
昭和大学歯学部
歯科矯正学講座
歯科治療におけるエアロゾル飛散防止装置
歯科医師は歯科治療を行う上で大量のエアロゾルに曝される危険があり、臨床現場では感染防護具(PPE)の着用や、口腔外バキュームの併用といった措置が取られているが、その効率や効果をさらに上げることが求められている。ユニットに横になった患者を上から覆い、さらにはその内部を口腔内のバキュームで吸引することで、完全なエアロゾルの飛散防止と歯科医師の感染防御が可能となる装置を開発したい。
東京医科歯科大学医学部附属病院
整形外科
人工股関節術後骨折予防シート
人工股関節全置換術術後の転倒によるインプラント周囲骨折は通常の骨折と比べ治療に難渋することが多く、予防が極めて重要であるものの、現在有効な予防策は少ない。本開発は低侵襲にて術後インプラント周囲骨折の発生頻度を低下させることが見込まれる。
東京都健康長寿医療センター
リハビリテーション科
温度覚検査機器
感覚障害を有する患者に対しては、温度覚障害の有無を調べることは、日常生活を送る上で重要な要素である。温度覚の評価は、機器を皮膚に直接当てて測定する。検査は温覚(50度)と冷覚(10度)を行う必要がある。
現在使用している機器は(1)機器が使用可能となるまで時間がかかる(2)温冷の切り替えに時間がかかる(3)高価である という3つの問題がある。
東京都健康長寿医療センター
心臓外科
直接心臓ペーシングシート
心臓手術の際、停止させていた心臓の自己心拍再開時には直接心臓ペーシングを用いる。しかし既存の心臓ページングは、いわゆる電気工事用鰐口クリップを用いているため、心臓表面を損傷する恐れが常にある。そこで、ペーシングシートを用いて損傷なくペーシングしたい。
東京都健康長寿医療センター
薬剤科
服薬管理 デジタルオブラート
高齢になり、多くの慢性的疾病を抱える場合には、服薬管理が重要となる。
当センターでは、薬の一包化とか、服薬カレンダー、服薬セットケースなどを用いて、服薬の確認を行っているが、現状では本当に服薬したかどうかの確認までは至らない状況である。
東京都健康長寿医療センター
薬剤科
病棟における薬剤被曝を0にしよう!
注射薬を調製する時、抜き取り量の確認やシリンジ内のエア抜きの際に、針の先から薬液が飛散することがある。
そこで、調製時の薬剤暴露をできるだけ軽減するデバイスが求められている。
東京都健康長寿医療センター
呼吸器外科
難治性気胸に対する胸膜シーラント
気胸や、肺切除後の気瘻に対しては胸膜シーラントが効果的であるが、(1)肺そのものが傷んでいると気瘻が再発する(2)塗布した製剤がはがれやすい という問題がある。
東京都健康長寿医療センター
臨床検査科
重ね置きできない採尿カップホルダー
採尿後の採尿カップは、誤って倒したりしないよう採尿カップホルダに置くこととしている。通常、採尿カップが重ねて置かれることはないが、認知機能が低下した患者などの場合、重ねておいてしまうことがある。物理的に重ね置きできないシステムが求められている。
東京都健康長寿医療センター
看護部
リアルタイム患者情報確認システム
患者をケアするにはカルテの情報に基づいた上で、必要な確認を行なう必要がある。しかし、確認を行うのが人間である以上、ミスをする可能性が一定未満には減らない。
そこで、リアルタイムで患者の情報を確認し、必要があれば患者のカルテ情報、薬品の提供に関する技術的支援などが可能なシステムが求められる。
東京都健康長寿医療センター
臨床工学科
患者離床センサー(起き上がり時用)
通常はベッドに寝ている患者が離床する危険が高いことから、離床を知らせる何らかのセンサーが必要となる。
この機器は、重要ではあるが、それに多大な資源を投入することはできないので、動作が確実で、利用が容易で、安価な物が必要である。
現在利用している物は、特にコード周りでの故障が多く、一定の堅牢性、もしくは交換が容易で交換部品が安価である、という必要がある。
東京都済生会中央病院
循環器内科
心房細動アブレーションカテーテル
心房細動アブレーションに際し、カテーテルアブレーション先端を心房内の標的部位への固定することに難渋することがある。より安定した固定が得られるカテーテルの開発にご協力をいただきたい。
東京医科大学茨城医療センター
臨床工学部
血漿リークを除去するデバイス
膜型人工肺の膜表面には時間経過と共に、結露並びに血漿リークが発生し、酸素化能が低下する事が知られています。酸素化の改善には、送付するガスの流量を上げて除去する方法が一般的です。今回のCOVID-19で話題となったように、リークした血漿成分を吹き飛ばす際に、エアロゾルが発生し感染リスクが懸念されることから、これらを持続的に吸引するデバイスを作成したいと考えます。(当院で実際に使用した試作品有り)
国立国際医療研究センター
集中治療科
機械操作を代わりにしてくれるロボット
新型コロナウイルス感染症患者のICU内の管理・処置には個人防護具(PPE)の装着が必須となる。しかしそれらは基本的に1回の処置ごとの使い捨てであり、またPPEの脱衣時に特に感染のリスクが高い。しかし、現状では病室での些細な処置や管理のためであっても装着が必須となるため、限りある医療機材の節約の観点からもできるだけその使用回数を少なくする必要がある。
埼玉医科大学国際医療センター
MEサービス部
医療機器の操作パネル感染防止デバイス
COVID-19は、エアロゾルや飛沫感染に加え、環境に存在するウイルスを接触する事でも感染が拡大する。国内でも電子カルテのキーボードを介して院内感染が広がったとの報告もある。COVID-19感染患者が重症化した場合、様々な医療機器を操作のために触れる。医療機器の操作パネルやタッチパネル接触感染を減少させるデバイスが必要である。ビニールやカバー、抗菌フィルム等の製造開発が得意な企業を求めています。
国立国際医療研究センター
消化器内科
内視鏡用飛沫防御器具
全ての消化器内視鏡検診療はエアロゾル発生による飛沫暴露のリスクがある。現状ではFull PPEの防御具装備で行っているが、時に口腔から勢いよく排出される血液や体液から防御する術がない。 
国立国際医療研究センター
消化器内科
酸素吸入カテーテル
患者に酸素投与を行う際、鼻カヌラやマスクを使用する。内視鏡検査/治療では、鎮静剤を使用するため、酸素投与を併用する機会が多い。左側臥位や腹臥位で酸素投与を行うため、鼻に装着したカヌラのチューブが頬部と枕の間に挟まってしまい、長時間になると頬の皮膚を傷めてしまう。左側臥位で有効な酸素投与を行えるカテーテルはないか。
国立国際医療研究センター
放射線診療部門
体表マーカー
放射線治療を行う上で、事前に計画した体位と、放射線治療時の体位との間で再現性をとることが重要である。体位再現の方法として、患者の体表に目印となるマーキングを行っている。通常、体表マーキングには、視認性の良いマジックインキやシール等を用いている。しかし、頚部等の皮膚の露出が多い部位を治療する場合には、その体表マーカが他人の目に触れ、患者本人が人目を気にする等の不満がある。
国立国際医療研究センター
放射線診療部門
CTガントリ感染防止カバー
新型コロナウイルス感染流行に伴い、感染対策が注目されている。現状、CT装置における感染対策は十分とはいえない。特に、CTガントリ内部に関しての感染対策は装置が精密機器であるため各メーカーから、機器の直接的な消毒は推奨されていない。そこで、感染対策ツールとして感染防止カバーを開発し、簡便かつ安全に検査を施行することが望まれる。
国立国際医療研究センター
放射線診療部門
エックス線ポータブル装置感染防止カバー
COVID‐19患者のポータブル撮影検査において、ひと検査ずつ装置の清掃を行っている。問題点として、検査数が多く、清掃や装置の包装の手間がかかる。ディスポの包装カバーを使用し、装置・使用物品の接触感染対策を撮影と並行して円滑に行いたい。
国立国際医療研究センター
放射線診療部門
接触マーカー(スプレー)
COVID‐19感染流行に伴い、感染対策が重要である。ひと検査ごとに清掃を行い、検査を施行している。清掃だけでなく、接触箇所が可視化できるようなマーカーがあれば、感染対策を明確に行える。
国立国際医療研究センター
国際医療協力局
汎用性の高いモバイル滅菌消毒機器
COVID-19流行下においては、N95マスクやフェイスシールド等、物資の不足を背景に従来はデスポーザルなものに対しても再利用が推奨されている。また、低、中所得国においては通常でも再利用が実際には行われている。しかしながら、多くのそれらのデスポーザル物資に使用できる機器は大型で持ち運びなど利便性に問題がある。
国立国際医療研究センター
産婦人科
腟・外陰専用の潤滑油
高齢化社会に伴い、女性骨盤臓器のトラブルも増えている。骨盤臓器脱や年齢に伴う萎縮、がん治療・放射線治療後の拘縮など、QOLを低下する大きな問題となっている。従来、診察時にはキシロカインゼリーなどで症状緩和を図ってきたが、一時的なもので萎縮そのものの改善効果もなく、患者が家庭でも安全・安価に使用できる製品がなかった。腟内専用の開発は、診察時のみならず日常使用でも大きなニーズがあると考える。
国立国際医療研究センター
産婦人科
経腹超音波プローブ専用カバー
近年の産婦人科診療では、超音波検査機器は頻用されている。経腹プローブ専用のカバーは、術中エコーや穿刺など滅菌処置等を前提としたものが主流で、着脱が容易でなく、コストもかかる。またプローブの汚染予防に、手袋等を代用して用いるが、画質や取り回しが低下する問題もあった。より簡便で安価に着脱可能な、経腹プローブ専用カバーの開発は、プローブの劣化防止やCOVID19はじめ院内感染予防の点でも有用と考える。
国立国際医療研究センター
産婦人科
子宮頸管狭窄予防留置チューブ
子宮頸管は子宮の外と内腔をつなぐ、長さ3cm径数mmの、月経血や精子が通過するに不可欠の構造である。子宮頸部円錐切除術後に狭窄し、月経血貯留や細胞診採取不能を来すことが以前から問題とされ、他のカテーテルを留置しても抜けてしまうなど、その予防法は確立していない。また高齢化社会では、加齢による狭窄から、しばしば子宮留膿症による骨盤感染を来たし、施設などで治療に難渋する。これらの解決を目指す。