東京都医工連携HUB機構

●終了●医工連携セミナー|これだけは知っておきたい 医療関連プログラムの医療機器該当性と法規制

オンラインミーティングシステムZoomを使用します。

パンフレット ニーズ一覧 開催レポート アクセスマップ

医療における診断や治療などに活用が広がる医療機器プログラム。企業が医療関連プログラムの製品計画の過程で「医療機器該当性」の判断に悩むケースは少なくありません。開発するソフトウェアを医療機器とするか・しないか等を含めた事業戦略の方向性を定めていくためには、医療機器の法規制とその法規制が設定された背景を知り、該当性を検討することが必要です。
医療関連プログラムを製品として取り扱われている企業、開発を検討されている企業、興味のある企業の皆様は、ぜひ、ご参加ください。

 

「医療関連プログラムの医療機器該当性と法規制」
古川 浩 氏  一般社団法人日本画像医療システム工業会 シニアリサーチャー

 

◆パネルディスカッション(質疑応答含む)
古川 浩 氏
谷下 一夫 氏(コメンテーター) 一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 理事長
柏野 聡彦(モデレーター)    東京都医工連携HUB機構 プロジェクトマネージャー

 

セミナーの招待メールは(no-reply@zoom.us)から送信されます。
迷惑メール等の設定をしている場合は、(@zoom.us)のドメインを解除していただきますようお願いいたします。

一覧に戻る