東京都医工連携HUB機構

●終了●医工連携セミナー|医療AIと明日の医療を変える医療デバイス開発

オンラインミーティングシステムZoomを使用します。

パンフレット ニーズ一覧 開催レポート アクセスマップ

医療にAI技術が浸透しはじめ、これまで見えなかった世界が広がりつつあります。今回のセミナーでは、最新動向をつかむべく、3人の講師をお招きします。
一般社団法人日本画像医療システム工業会 産業戦略室 専任部長 舟橋毅氏からは、AIの発展と世界の動向に加え、AIがどのように医療画像診断に応用されているかについてお話しいただきます。
アナウト株式会社の共同創業者兼取締役で、消化器外科医でもある熊頭 勇太氏からは、現在、開発中の手術支援AIシステムがどのように、手術中の外科医の目に映るものを自動解析して、リアルタイムに切るべき臓器や守るべき臓器などを分かりやすく表示するのか、外科医の「認識」「判断」を支援する開発についてご紹介いただきます。
カーブジェン株式会社の代表取締役CEOの中島 正和氏には、細菌感染症の診断や治療にAI画像解析技術を活かすための開発についてお話しいただきます。顕微鏡を利用して細菌の有無や菌量などを迅速に特定する検査と画像解析AI技術を組み合わせることで、細菌感染症の原因となる微生物の判定において、安価で素早く高精度の診断を可能にし、さらに抗菌薬の適正選択支援を行えるシステム開発に取り組みます。
パネルディスカッションでは、登壇者らによる「医療AIの未来」について全体討論を行います。
是非とも、医療AIの最新動向を知る機会としてご参加ください。

 

「人工知能の世界動向と医療画像診断への応用と課題」
舟橋 毅 氏   一般社団法人日本画像医療システム工業会 産業戦略室 専任部長

「外科医の認識や判断を支援する手術支援AIシステムの開発」
熊頭 勇太 氏  アナウト株式会社 共同創業者 兼 取締役

「AI画像解析技術を活用した細菌感染症の診断・治療プラットフォームの構築」
中島 正和 氏  カーブジェン株式会社 代表取締役 CEO

パネルディスカッション 『医療AIの未来』
舟橋 毅氏、 熊頭 勇太氏、 中島 正和氏
谷下 一夫 氏  一般社団法人日本医工ものづくりコモンズ 理事長(コメンテーター)
柏野 聡彦    東京都医工連携HUB機構 プロジェクトマネージャー(ファシリテーター)

 

セミナーの招待メールは(no-reply@zoom.us)から送信されます。
迷惑メール等の設定をしている場合は、(@zoom.us)のドメインを解除していただきますようお願いいたします。

一覧に戻る