東京都医工連携HUB機構

●終了●セミナー|AIが拓く未来の医療 +医療機器開発のポイント再確認

日本橋ライフサイエンスハブ 「COREDO室町3」8階 A会議室(東京都中央区日本橋室町1-5-5)

※定員に達したため、お申し込みを締め切りました。

AI(人工知能)やビッグデータを医療に活用しようという動きが加速しています。多くの臨床機関、研究機関、企業がAIやビッグデータに関する研究をおこなっており、医療技術の発展に向けて大きな期待が寄せられています。 これからの医療機器開発では、AIやビッグデータを活用したシステムやサービス(ソフトウエア)とハードウエアを上手く融合させながら、製品の付加価値を高めることが重要になります。業界のトレンドをとらえることに加え、医療の質と安全を実現するための取り組みが求められます。是非ともご参加ください。

17:00~17:40
「AI、ビッグデータの臨床応用の鍵」
国立研究開発法人産業技術総合研究所
健康工学研究部門 副研究部門長 鎮西 清行 氏

17:45~18:25
「大手医療機器メーカによる医工連携最前線
~モノづくりとコトづくりの実現に向けて~」
日本光電工業株式会社 荻野記念研究所 リサーチアドバイザー
先端医療機器開発アクセラレーションプログラム カタライザー
(社)未来医療ファンディング&マネジメント 理事 山森 伸二 氏

18:30~19:10
「医療機器の滅菌の基本から今後の展開の可能性」
(滅菌バリデーションの重要性と電子線滅菌の動向 並びに
放射線滅菌製品の承認申請時のガイドラインについて)
住重アテックス株式会社 新規事業室 主席技師 山瀬 豊 氏

19:10~19:20
セミナー後、講師・参加者による情報交換会を開催します

一覧に戻る