ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

689 件中 151 件〜 200 件目を表示

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立国際医療研究センター 耳鼻咽喉科
医師 (35年以上)
喉頭微細手術における粘膜自動縫合機
喉頭微細手術において、声帯粘膜を切開し病変を処理した後に粘膜を縫合する必要が出る場合がある。しかし、狭い筒の先の小さな切開部を縫合することは時間がかかり、かつ高度な技術が必要になる。
ポリープ様声帯,声帯嚢胞,など
[自院] 50人
喉頭微細手術:喉頭や下咽頭の病変を全身麻酔下に直逹喉頭鏡を挿入し,病変の処置を行う
[自院] 150件
国立国際医療研究センター 耳鼻咽喉科
医師 (35年以上)
高周波凝固装置の喉頭処置用デバイス
高周波凝固装置は皮膚切開や凝固以外に、耳鼻咽喉科領域では鼻出血止血術、下鼻甲介粘膜焼灼術などで使用されているが、喉頭処置用のデバイスがない。外来局所麻酔下で内視鏡観察下に使用できる湾曲したデバイスが必要である。
喉頭癌、喉頭乳頭腫などの腫瘍性疾患、喉頭嚢胞、喉頭蓋嚢胞
[自院] 70人
喉頭腫瘍焼灼術,嚢胞開放術などを全身麻酔下に行っている
[自院] 50件
国立国際医療研究センター 歯科・口腔外科
歯科医師
「歯の状態」を調べる機器
歯の「不具合」には様々な原因がある。う蝕(むし歯)による痛みや歯周炎による歯の動揺などは診断しやすいが、外傷による歯の破折、金属で補綴(被せる)された歯の診断には苦慮することが多く、数回のレントゲン撮影や補綴物を外すこともある。これらを非侵襲的に診断しうるツールはないか。
25歳から74歳までの年齢層で90%以上の国民がう蝕に罹患している(治療済みも含む・平成28年の歯科疾患実態調査)
上記年齢層では (平成28年歯科疾患実態調査)14本から25本近くの歯が何らかの処置を受けている
国立国際医療研究センター 産婦人科
医師 (22年以上)
ハサミあるいは組織回収装置
腹腔鏡下子宮全摘術、あるいはロボット支援下子宮全摘術施行時、大きな子宮を回収する際に大変手間取るので簡単に回収できる道具を開発してほしい。
子宮筋腫 
[自院] 80人 [全国] 10,000人
腹腔鏡下腟式子宮全摘術
[自院] 100件 [全国] 12,000件
国立国際医療研究センター 心臓血管外科
医師 (20年以上)
試作 新しい冠動脈バイパス用スタビライザー
心拍動下冠動脈バイパス時には静止視野を得るため、吸引により心臓の吻合部位を固定するスタビライザーを使用することが一般的である。しかしながら、現況ではデバイスはディスポとなり、1つ10万から20万程度のコストがかかり、保険請求もできないこととなっている。再滅菌可能な機器を開発し、コスト削減を実現したい。
国立国際医療研究センター 脳神経外科
医師 (3年以上)
血管造影装置
動脈瘤破裂によるくも膜下出血に対するコイル塞栓術は、正面像と側面像の透視画像によりカテーテルやワイヤーの位置を判断し手術を行っている。一方、動脈瘤の形状、向き、患者の頭位、体格、差し歯の位置などから正面像と側面像の角度は制限されている。そのため、ワイヤーとカテーテルが奥に進んでいる場合でも、画像上は変化なく見えることがある。経験数が少ない医師が安全に手術を行うには、立体的な位置確認は重要である。
くも膜下出血
[自院] 30人 [全国] 30,000人
動脈瘤コイル塞栓術
[自院] 25件 [全国] 50,000件
国立国際医療研究センター 眼科
医師 (29年以上)
手術用針
眼内レンズ縫着用の糸を眼内に通す30Gの角針がなく、煩雑な操作をおこなっている。
人工的無水晶体眼、水晶体脱臼、水晶体亜脱臼、眼内レンズ脱臼、眼内レンズ亜脱臼、チン小帯脆弱
[自院] 30人
水晶体再建術(縫着)
[自院] 30件
国立国際医療研究センター 泌尿器科
医師 (22年以上)
超音波プローブ
小径腎がんに対する標準手術として、ロボットあるいは腹腔鏡下に行う腎部分切除術が広く施行されている。腎がんの周囲に正常組織をつけて切除する必要があり、術中に小さな超音波プローブを挿入して切除範囲を決定している。その際、プローブで見た後にプローブを離して、凝固で印をつけている。プローブを腎臓につけたまま何らかの方法で印をつけることができると簡便だと思われる。
腎がん 
[自院] 10人
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
ドレーン排液を吸収してくれるシートの開発
病棟でのドレーンの排液は通常閉鎖空間で行われるが、時にオープンとして管理することがある。排液量が多いと容易に貼り付けしたガーゼを交換せざるを得ず、スタッフの手間やトラブルの元になる事が少なくない。できれば簡単な吸収しやすいデバイスを開発したい。
全ての外科疾患
オープンドレーンとなる症例
[自院] 100件
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
皮膚保護剤の開発
病棟でのシャワー時に点滴などの刺入部をカバーする必要があるが、その作業は手間を擁している。水分が付いてはいけない部位なので、清潔に確実なテープ保護が必要であり、簡単なデバイスを開発したい。
全ての疾患
点滴治療を要する症例
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
術中にクリップの金属を感知できるシステム
腹腔鏡などの手術の際に、内視鏡を併用して胃内に留置した金属クリップを確認して胃を切離しているが、その手間や人員が必要となり、内視鏡をせずに腹腔内からクリップの位置を確認したい。
胃癌、食道癌、大腸癌など
[自院] 200人
腹腔鏡下胃切除、大腸切除など
[自院] 50件
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
採血をしなくとも血液ガスが感知できる器械
集中治療室や一般病室で酸素化のマーカーとして血液ガス分析が行われている。頻回の採血が必要となるが、感染の危険性や患者に動脈ラインの留置などの負担をかけている。採血をしないでの近似値で数値がわかるととても便利である。
すべての全身麻酔手術症例
[自院] 4,000人
すべての全身麻酔手術症例
[自院] 4,000件
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
手術室におけるゴミひろいロボットの開発
手術時においてガーゼや針の紛失が絶えない。
手術室での手術
[自院] 4,000人
手術室での手術
[自院] 4,000件
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
針を探す金属探知機ロボットの開発
手術時において針の紛失が絶えない。確実に針のような金属を感知できる探索機械があると楽になるかもしれない。
手術室での手術
[自院] 4,000人
手術室での手術
[自院] 4,000件
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
腸瘻チューブの接続
経口摂取不良症例や消化管手術の際に栄養療法目的の腸瘻を増設することが多いが、接続に伴うトラブルが少なくない。
食道癌、胃癌
[自院] 70人
腸瘻造設
[自院] 70件
国立国際医療研究センター 形成外科
医師 (13年以上)
エコー用マーキング機器   New!
形成外科は、エコー下に細い血管を同定し、術前マーキングを日々おこなっている。しかし、エコー下のマーキングは煩雑で曖昧であり、エコーを外し、おおよそエコーの中心であった部位にシリンジなどを使い皮膚に跡を付けた後、ゼリーを拭いて油性マジックで印を付けているというのが現状である。エコーを用いながらのマーキングができないか。
皮膚欠損(悪性腫瘍、外傷、熱傷後など )
[自院] 200人 [全国] 20,000人
遊離皮弁術、皮弁形成術
[自院] 150件 [全国] 15,000件
国立国際医療研究センター 形成外科
医師 (13年以上)
リンパ管吻合術野用吸引管
リンパ浮腫は重症症例の場合、そのリンパ液の鬱滞により皮膚切開部位より持続的に高流量のリンパ液が流れてくる。我々はリンパ管吻合術を2−3cmの小切開で行なっているが、その持続的リンパ液の漏れは、0.5mm以下のリンパ管吻合術の妨げとなっている。持続的にリンパ液を吸引する吸引管があれば、手術はより速く、簡便におこうなうことが可能となる。既存の吸引管は大きく、柔軟性が無いため術野に挿入する事が難しい。
重症リンパ浮腫
[全国] 150,000人
リンパ管吻合術
[全国] 1,000件
国立国際医療研究センター 肝胆膵外科
医師 (20年以上)
腹腔鏡下肝切除肝門遮断鉗子又は軟性ポート
肝切除は、開腹手術においてPringle法と呼ばれる肝門流入血遮断の元、出血量を減らし安全に施行されてきた。腹腔鏡下肝切除が徐々に普及する中、腹腔鏡手術環境下での肝門遮断は、ネラトンカテーテルを締める不十分な方法、ないしは小開腹をして特殊な血管遮断鉗子を入れる方法などがあるが、小開腹の必要なく挿入可能な遮断鉗子、ないしは外筒が軟性となったポートの開発を希望する。
肝細胞癌、転移性肝癌
[自院] 50人 [全国] 100,000人
腹腔鏡下肝切除術
[自院] 10件 [全国] 20,000件
国立国際医療研究センター 整形外科
医師 (30年以上)
電動工具用のドリル、ソーのジェネリック品
整形外科で使用する電動工具に使用するドリルやソーは、単回使用品が多いが、材質的には複数回使用できるにも関わらず単回で破棄せざるを得ない。複数回使用できる、もしくは単回使用でも安価な製品を提供してもらえないか。
変形性関節症
[自院] 200人 [全国] 150,000人
人工関節置換術
[自院] 200件 [全国] 150,000件
国立成育医療研究センター 放射線科
医師 (20年以上)
試作 モニター
小児の放射線治療時の拘束を回避する技術が望まれる。
小児がんなど
[自院] 70人 [全国] 500人
大型機器を用いる検査、治療
[自院] 50件 [全国] 500件
昭和大学藤が丘病院 脳神経内科
医師 (22年以上)
脊髄刺激装置
慢性疼痛や歩行障害に対して脊髄刺激療法が行われているが,観血的治療であり侵襲性が問題である.非観血的脊髄刺激が求められている.
神経変性疾患で薬物療法によって改善しない歩行障害を有する患者数は10万人以上存在すると考えられる.
[自院] 50人
国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科
医師 (21年以上)
人工知能を用いた読唇術:日本語会話
頭頚部癌術後の無喉頭者や気管切開を受けている患者さんは声を出すことが出来ません。従来は筆談や文字盤を用いてコミュニケーションを図っていました。近年Googleが開発したLipNetは唇の動きから会話の内容を文章レベルで認識できるようになっています。このような人工知能技術を用いて日本語環境でのソフトウェア開発を目指したいと思います。
わが国において喉頭を摘出した人は全国に2万~3万人と推計されています。あるいは高度難聴患者さんに対する会話ツールとしても利用可能だと思います。
頭頚部癌術後の無喉頭者や気管切開を受けている患者さん
東京慈恵会医科大学 内科学講座 神経内科
医師
前臨床試験用のカテーテル
経動脈的アプローチによる細胞投与治療(再生治療)が注目されている。しかし前臨床試験用のカテーテルが存在せず、トライすることが出来ない。前臨床試験用のカテーテルが必要である。
国立がん研究センター中央病院 呼吸器外科
医師 (20年以上)
医療材料の在庫管理システム
院内での在庫管理に際して、納入された物品に対して手作業でタグ付けを行う作業は
1. 人件費
2. ヒューマンエラーによるタグの貼り間違い
3. 使用された物品タグの剥がし忘れ
4. 使用された物品のバーコードを読み取るための人員
5. 物品毎に貼付される運用シールには病院間の汎用性はない。
が挙げられる。


物品ごとのタグ付けが不要となるシステムは、現場の労力が軽減されより省力化が可能となるとともに、ヒューマンエラーの防止が可能となる。物品に紐づけされる画像は世界共通である。
病院における院内物流管理システム
日本歯科大学附属病院(公益社団法人日本口腔外科学会) 口腔外科
歯科医師
歯冠修復材料
歯冠修復における保険医療材料の主たるものは、金銀パラジウム合金(金12%以上)で、海外からの供給となる。現在、それに代わる材料としてCAD/CAM冠、高強度コンポジットレジンなどが存在するが、完全にこれらに移行する状況ではない。非金属、天然成分、高強度、生体親和性、価格安定等を有する材料の開発、保険導入を進めたい。
日本歯科医大学(一般社団法人日本歯科審美学会) 生命歯学部 接着歯科学講座
歯科医師
研磨材料
各種修復材料を用いて歯の治療を行った際には、自然観に溢れ、光沢のある綺麗な修復表面にするために、必ず研磨を行う。しかし、滑沢かつ艶のある面を得るためには、荒⇒中荒⇒細⇒極細という複数のステップを異なる材料に取り替えながら行う必要があり、手間と時間が掛かっている。
順天堂大学(一般社団法人日本口腔ケア学会) 医療看護学部
その他医療スタッフ
医師と連携
歯ブラシ
妊婦は妊娠初期につわりにより歯磨きができないこと、ホルモンバランスの影響で歯肉炎になりやすいと言われている。妊婦は歯磨きをしなければいけないという思いはあっても、ブラシを口腔内に入れることで嘔吐を誘発し、十分な歯磨き行動がとれずにいる。歯磨き行為が辛く苦しいという現状に対して、嘔吐を誘発しない歯ブラシのようなものが求められる。
順天堂大学(一般社団法人日本口腔ケア学会) 医療看護学部
その他医療スタッフ
医師と連携
スクリーニング機器
妊婦は妊娠初期につわりにより歯磨きができないこと、ホルモンバランスの影響で歯肉炎になりやすいと言われている。しかし、妊婦に関わる助産師は、口腔内のことがよくわからず、どのタイミングで受診を促した方がいいのか判断に困っている。詳しく歯周関連菌を調べるのではなく、その場ですぐに口腔内の状況を判断し、受診を勧めるレベルか、口腔ケアできているかのスクリーニングができるような機器が必要である。
昭和大学(公益社団法人日本口腔インプラント学会/一般社団法人日本老年歯科医学会) インプラント歯科学
歯科医師
インプラントの種類特定システム
インプラントメーカーは数十種類から数百種類存在し、その種類によりドライバーやアバットメントといったパーツが異なる。 埋入元歯科医院の閉院や患者の転居等により、メーカーが不明な場合は対応ができない。
東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座
医師
ラジコン型血管内治療デバイス
脳梗塞に対する新たな治療としてカテーテルを用いた血栓回収術療法が必須である。時間勝負の治療であるにも関わらず、専門医がいない地域ではそもそも治療を受けられない。この距離的制約を乗り越えるために、有線型ラジコンを用いたシンプルな治療デバイスを開発し僻地医療に貢献する。
東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座
医師
カテーテルコネクター
カテーテルを用いた治療には様々な付属品が必要となる。輸入品が多く、必ずしも使いやすい訳ではない。価格の問題から大手が参入しない付属品であっても、日本の加工技術を持ってすればより使いやすい製品ができると考える。現場発のニーズに乗っ取ってアイディア商品の開発に臨みたい。
東京慈恵会医科大学 脳神経外科学講座
医師
長時間測定可能な脳波計の開発
既存の頭皮から測定する脳波は、長時間装着は難しい。我々が考案した方法では最長数か月の連続測定が可能となる。既存の脳波計を用いて簡便に測定できる方法である。電気回路、絶縁加工技術をもったメーカーと共同し、革新的脳波測定技術を構築したい。
東京慈恵会医科大学 総合医科学研究センター 基盤研究施設(分子遺伝学)
医師
就寝時呼吸モニター装置
心不全や気管支喘息の末梢気道の浮腫(むくみ)は呼吸の呼気時間の延長をもたらす。それらは感染症や気候(低気圧)、大気汚染(PM2.5や黄砂)など様々な環境要因で変化するが、それらを見える化する手法はない。医師の聴診は主観的で、症状の出やすい夜間や明け方には行い難い。夜間の呼吸のデータを取得して(生体センシング)呼吸数及びその吸気/呼気時間の比率を求め、呼気延長の客観的な評価、早期発見に役立てる。
東京慈恵会医科大学 整形外科学講座
医師
薬液の混合が簡単な注射器
関節炎に対して、関節内に局所麻酔剤とステロイド剤を混合し投与することはよく行われている。大学病院では診療中の医師が混合することが多々あり、時間も浪費し、針刺し事故や感染のリスクもある。ワンタッチで2つの薬液が混合され、注射できるような機器を開発して欲しい。
東京慈恵会医科大学 内科学講座 神経内科
医師
経胸壁心臓超音波検査のための超音波探触子
心機能や心腔内の評価は心臓超音波検査が標準検査である。心臓超音波検査には侵襲のない経胸壁心臓超音波検査(TTE)と、半侵襲的な経食道心臓超音波検査(TEE)がある。詳細な心機能評価にはTEEが望ましいが、内視鏡のように喉頭麻酔や患者自ら探触子を嚥下する必要があり、患者負担は大きくいことや挿入に技術を要するため検査のハードルが高い。探触子の改良で簡便に検査ができれば検査が普及していくと考えられる。
東京慈恵会医科大学 内科学講座 神経内科
医師
NFL迅速測定試薬
神経細胞が何らかの原因により軸索の変性や炎症によって破壊されると、軸索からNeruofilament のフラグメントが体液中に放出される。近年 NFのL鎖(NFL) の測定値と脳梗塞や多発性硬化症など様々な神経疾患と関連があると報告されている。このNFL迅速測定試薬を開発することで、今までなし得なかった採血による神経疾患のスクリーニングが可能になると予測される。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
目立たず眼鏡と干渉しない補聴器
難聴にて補聴器が必要と自身で認識しつつも、使いたくない人が多い。主因は「障害者として見られる」という整容面のイメージである。「他人が気付かない補聴器なら使いたい」という潜在的ニーズが十分にある(全人口の1割は難聴)。一方で60歳以上の9割が眼鏡を持っていおり、眼鏡の柄と耳掛け型補聴器が干渉する問題もある。最近のイヤホンの進化は目覚ましい。補聴器においてもより目立たず眼鏡と干渉しない物が望まれる。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
顔面神経の内圧を測定する機械
顔面神経麻痺の患者では、神経がむくみ狭い骨管内で圧が上がる。重症の場合は手術にて骨を解放し、神経鞘という神経を包む膜を切ることで神経内圧を下げる。手術の際、神経内圧を測定したいが、顔面神経は5-10mmと細く、また深く狭い空間の奥にあり、現状の測定器では容易に測定できない。神経鞘を切る前と後で神経内圧を測定したい。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
人工中耳の音質を評価できる検査機器
人工中耳は振動子を耳小骨や内耳窓に取り付け、直接内耳へ振動を伝播させることで補聴する人工臓器である。補聴器と比べて音質が良いと言われているが、音質(ここでは音の歪みが少ないこと)を評価する方法がない。人工中耳も補聴器も外耳へ音が漏れてくると思うが、それを測定する事で音の音質を比較したい。
東京慈恵会医科大学 内視鏡医学講座
医師
高解像度蛍光内視鏡
消化管運動機能障害は全消化管に生じ、様々な全身疾患の合併症としても認められる。診断法は運動生理学的な検査が中心であり、病因解析は不十分で、効果的な治療法も少ない。免疫組織学的解析により神経叢の異常が一因である事が明らかとなったが、良性疾患であるが故に神経組織の採取は困難である。また、長期経過により症状が変化する疾患もあるため、内視鏡的に継時的観察を行えば、更なる病態の理解に繋がるものと考える。
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
診断ソフト(手先天異常)
顔面の先天異常の診断ソフトはすでに開発されている。手先天異常に関して現在日本手外科学会により分類法が一般的に用いられているが、これらを画像解析ソフトにより分類可能になれば、非専門医でも正しい診断が可能になり、手術時期などの保護者への説明に有用である。また、画像解析ソフトがあれば、手術による整容性の評価が可能になり、手術の効果を数値で表現することが可能になる。
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
手術用リトラクター(開創器)
皮膚切開から術野を展開する際に、左右方向に拡大する装置は古くから使用されているが、腫瘍切除の際、特に最も一般的な皮膚腫瘍である粉瘤摘出の際には、垂直上方向への牽引が重要になる。現在は助手に牽引させることが一般的であるが、これを器械で行うことが出来れば1人でも安全に手術が可能になる。
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
超音波画像の3D再構成ソフト
超音波画像の3D再構成は、位置情報を画像にどのように与えるかという点が重要になる。現在定速モーターを用いたスキャナーにより時間を位置情報に変換する方法、磁気情報を用いて位置情報を得る方法などがあるが、装置の大型化が避けられない。これを超音波画像の中に直接位置情報を埋め込み、ソフトウェアで取り出すことが出来れば汎用性を高めることが可能になる。
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
左右の対称性を可視化するレーザー装置
左右の立体的対称性を求められる手術の場合、術中の対称性の判断は解剖学的ランドマークからの距離測定か、術者の主観に委ねられる。前者は客観的であるが、三次元的な対称性は距離測定のみでは不可能であり、これまで三次元的対称性を可視化することはCTや三次元カメラを用いる以外は不可能で、もっとも必要とさせる手術中に使用できるデバイスは存在しない。
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
画像投影装置
形成外科では主に体表近くを手術の対象とすることが多い。各種画像診断の発達により術前に内部構造を把握することが可能になってきている。画像検査のデータ処理した上でを体表に投影することで、直感的な理解が可能になる。簡易的な方法は開発し、すでに学会で報告している。画像処理、投影装置に関しては課題が多く、今後の課題である。
国立病院機構西埼玉中央病院 小児科
医師
皮膚表面マイクロスコープ画像の評価ソフト
乳児湿疹の早期診断・治療はアトピー性皮膚炎への進展だけでなく食物アレルギー発症予防にもつながり得る。現状の診断・評価は医師の主観的判断に依存するため、客観的には一定しない。デジタルマイクロスコープを用いた湿疹皮膚表面画像の客観的評価に基づく解析ソフトの開発を行い、小児湿疹の診断、重症度、そして治療効果の客観評価を可能にし、遠隔医療にも発展しうるツールに進歩させたい。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
自動味覚検査
味覚検査は舌の左右と前後と軟口蓋に分けて味の種類を変え、濃度を変え、検査技師が行っているが、時間がかかって煩雑である。そのため、あまり病院でも検査ができない状況である。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
自動嗅覚検査
嗅覚検査は片鼻ずつ、においの種類を変え、濃度を変え、検査技師が評価を行っているが、におい汚染の問題と、時間がかかって煩雑である。そのため、健康診断にも入っていないし、どの病院でも検査ができる、という状況ではない。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
嗅覚トレーニングアプリ
嗅神経細胞は脳神経の中で唯一再生能を持つ。加齢性変化や嗅神経性嗅覚障害については、嗅覚トレーニングが有用であることが示されている。日々、嗅覚のトレーニングを欠かさず行ったり、その自己評価ができるアプリがあればより継続でき、異常も発見しやすい。
東京慈恵会医科大学 耳鼻咽喉科学教室
医師
味覚をサポートする器械
味覚障害は味が分からなくなるため、食事が美味しくなくなり、生活のQOLが低下するだけではなく、様々な疾患を引き起こす。また、濃い味を好むようになるため生活習慣病の一因となりかねない。