ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

7 件中 1 件〜 7 件目を表示

No. 臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
101 東京医科歯科大学(一般社団法人日本顎顔面補綴学会) 顎義歯外来/顎顔面補綴学分野
歯科医師
デンタルチェアに座る時の補助装置
デンタルチェアに座ったり立ったりする際に、高齢者でなくても身体を支えるためにいろいろな部位につかまることが多い。しかし、デンタルチェアは可動部分が多いため、素人が力を入れて触ると動いてしまって、危険な状態になる場合がある。
そこで、デンタルチェアでの立つ、座るという行動が、安全安心に行える補助装置(用具)を開発してほしい。これは、一般の椅子においても応用できる汎用性の高いデバイスである。
201 日本大学歯学部(一般社団法人日本歯科理工学会) 歯科理工学講座
歯科医師
支台歯形成中のクリアランス確認装置
患者の歯を切削する際(支台歯形成時)に用いるデバイスを開発したい。CAD/CAM冠が保険収載され,支台歯形成時の咬合面における隙間(クリアランス)の確保は,装着する冠の強度を補償するために重要な案件である。しかしながら従来のクリアランスの確認法は,ワックスを軟化して噛ませるなど支台歯形成の作業を中断しなければならない問題点がある。
301 昭和大学歯学部(一般社団法人日本歯科審美学会) 歯科保存学講座 美容歯科学部門
歯科医師
携帯端末から歯の色を認識する
歯のホワイトニングは広く普及してきたが一般の人が自分の歯の色がどのくらい白いかが認識しずらい。そのため簡単に携帯端末で測定、認識できれば便利である。
401 日本歯科大学附属病院(特定非営利活動法人日本歯周病学会) 歯科衛生士室
その他医療スタッフ
医師と連携
治療器具(切削用タービンヘッド)
歯科診療において、患者さんの嫌がる内容の上位に、「痛い」と「歯を削る音」があります。歯を削る音とは具体的には切削用タービンヘッドの回転音です。音と痛いは精神的に関連しあい治療環境を低下させてしまいます。また、待合室への影響もあり、治療前の患者さんにも緊張の刺激を与えることとなります。
501 日本歯科大学附属病院(公益社団法人日本口腔外科学会) 口腔外科
歯科医師
切断、切削器具
患者さんの不安、恐怖の原因となるものに、歯の切削等に用いる器具(切削用タービンヘッド)から発生する音や振動がある。また、金属切断作業の状況からみてもタービンヘッドに替わる次世代のレーザー治療器具が望まれる。
601 日本歯科大学附属病院(一般社団法人日本有病者歯科医療学会) 口腔外科
歯科医師
音声認識システム   New!
診療録の電子化は診療情報の整理や多職種との共有などに一定の成果を上げ、診断・治療機器の進歩も相まって歯科医療のワークフローに根本的な変化をもたらしている。その一方で根幹をなすべき患者の病歴聴取等問診に関わる入力作業は以前にも増して時間・労力の浪費を余儀なくされている。医療現場の業務負担軽減、効率化を見据えた音声認識ICT技術の活用は急務であると考える。
701 海老名総合病院(一般社団法人日本有病者歯科医療学会) 歯科口腔外科
歯科医師
覚醒状態診断装置   New!
病院や施設入所の寝たきりの方の意識レベルの評価は難しい。開眼せず意識レベルが低下しているようにみえても、食事できる人を経験することも多い。今後高齢社会においてこのような対象者は増加する。そこでこの意識レベルを覚醒状態として簡便に測定できる装置の開発が望まれる。この装置により安全なケアだけではなく覚醒状態の日内変動を測定することで、覚醒時間帯でのオーダーメイドなケアを安全に提供することが可能となる。