ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

14 件中 1 件〜 14 件目を表示

No. 臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
0 日本大学医学部附属板橋病院 消化器肝臓内科
医師
人工知能による内視鏡診断デバイス
内視鏡診断において人工知能を使った診断支援システムの開発・導入が始まったが、未だ確立されたシステムとはいえない。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
ノミ・ボーンソー
整形外科領域で変形した関節や骨を矯正する手段として骨をいったん切離し形を強制してから固定をする矯正術という手術を行います。一般的に変形は複雑で3次元の矯正が必要ですが従来のノミやボーンソーでは1次元での矯正しかできません。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
半月板縫合をサポートするデバイス
膝のクッションである半月板は損傷することが多い組織です。いったんその機能が失われると軟骨が擦り切れ骨が変形し関節痛の原因になります。なるべく断裂した半月板を縫合して温存したいのですが関節腔は狭く低侵襲で確実な縫合を行うのが容易ではありません。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
靭帯再建手術をサポートするデバイス
膝関節の靭帯が損傷した場合、靭帯再建の手術を行います。他の部位から採取した腱を靭帯部分に移植する手術です。膝の骨に穴をあけ腱に糸をかけ引っ張りながら関節内に設置します。引きすぎるとを設置がうまくいかないため力加減が難しく苦労します。これが正確に・容易に行えるようになれば有用です。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
骨折手術をサポートするデバイス
骨折の手術時、骨折を骨鉗子で整復し、整復保持のためワイヤーを刺入するが骨鉗子が邪魔になりいい位置にワイヤがーが打てない。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
注射ガイド
整形外科ではエコー下に穿刺や注射を行うことが多いが注射針の方向が定まらずうまくエコーで描出できない。角度や刺入部位を自由に変えられるガイドがあれば注射がしやすい。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
デプスゲージ
骨にドリルで穴を掘りデプスゲージで骨孔長を計測するが既存のデプスゲージでは測りづらく計測を間違うことがある。簡単に間違いのない計測が可能なデプスゲージがあればうれしい。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
ガイド
靭帯再建時に大腿骨に骨トンネルを作成するが患者個人によって骨の大きさが違いガイドワイヤー刺入ガイドがうまく当たらない。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
関節動揺性の測定器
膝関節靭帯損傷後の関節動揺性を測定する機械で前後方向、回旋方向の動揺性が測定可能な器械。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
筋力測定器
筋力の回復は整形外科手術後の重要な問題です。外来で簡便に安全に患者四肢筋力が測定できる機器が欲しい。
0 日本大学医学部附属板橋病院 リハビリテーション科
作業療法士・理学療法士
医師と連携
調整可能な自転車のクランク
乗り物として自転車は優れた移動手段と言える。利便性や経済性だけでなく、腰や膝が悪い高齢者も利用が可能である。しかし、変形性膝関節症などで疼痛によって乗ることが出来なくなることがある。これは、膝関節の屈曲制限が問題になることが多い。
0 日本大学医学部附属板橋病院 リハビリテーション科
作業療法士・理学療法士
医師と連携
尿道カテーテル用ケース
尿道カテーテルは入院患者の15~25%が短期間留置されているが、尿道カテーテルなどの器具が尿路感染症の要因となる。尿道カテーテルは、逆流防止のために低い位置に保つ必要があるが、車椅子移動時に膀胱よりも高くしてしまったり、逆に低くしてタイヤや床に接触して不衛生になってしまうことがある。また、尿が他人に見られて恥ずかしいとの意見もある。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
椎体間の高さ測定、圧測定
LLIF(側方進入腰椎椎体間固定術)にてケージを挿入する際、椎体間の正確な高さが測定できる器械がない、現在はトライアル挿入時の手の感触でサイズを決定している状態である。また圧測定もできるとより安全に手術が可能となることが予測される。
0 日本大学医学部附属板橋病院 整形外科
医師
ライト付き筋鈎、開創器
現在、Medtronic社、OLIF使用時に上記機器を使用できるが、他への流用ができない。またサイズバリエーションも少なく、いろいろな手術で使用できると望ましい。