ニーズをみる

3 件中 1 件〜 3 件目を表示

検索する

選択された検索カテゴリ:

ncgm20170203

表示件数
前へ 次へ
  • 感染管理のためのウェアラブルウオッチ(ID:305)

    東京都国立国際医療研究センター

    東京都看護師(10年以上)

    腕時計を装着して診療を行うことが見受けられるが、手を洗う際に時計を外して手を洗うものはほとんどいない。効果的な手指衛生が実施できなければ、腕時計が感染源となりうるため、腕に装着しないタイプの時計が必要である。さらには、GPS機能を付与することで、病棟内の動線が明示され、アウトブレイク時の行動調査が容易になる。

    デバイスが使われる疾患・症例、検査・診断・手術・処置等

    全患者に対して

    全患者に対して

  • 安価な手指衛生評価(ID:306)

    東京都国立国際医療研究センター

    東京都看護師(10年以上)

    手に付着した汚れは、人間の目に見えないことが多い。ATP(Adenosine triphosphate)+AMP((Adenosine monophosphate))による手指衛生評価はすでに製品化されたものがある。しかし、試薬が1回で120円程度と途上国では高価である。汚れを数値化してみせることはインパクトが高く、行動変容につながるため、安価な手指衛生評価ができるものが望まれる。

    デバイスが使われる疾患・症例、検査・診断・手術・処置等

    全患者に対して

    全患者に対して

  • HIV感染暴露後の薬剤キット(ID:307)

    東京都国立国際医療研究センター

    東京都医師(16年以上)

    針刺し事故やレイプ事件などの後、HIV感染の予防内服をします。暴露後すぐに内服を開始する必要がありますが、複数の薬剤を内服する必要があり、保存が難しいです。製薬会社から薬剤を購入し、薬剤の組み合わせをブリスターパックにし、最初の3時間以内に内服する分、その後12時間ごとに内服する分、と判りやすい指示をつければ、医療施設にキープし、暴露時に速やかに使ってもらえて、ロスが減ります。

    デバイスが使われる疾患・症例、検査・診断・手術・処置等