ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

9 件中 1 件〜 9 件目を表示

No. 臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
101 医療法人松田グループ 美しが丘クリニック
臨床工学技士
テープカッター
透析時に血液を通すチューブ類を患者の腕などに固定するため、サージカルテープを使用する。サージカルテープは、事前にハサミや手で切り、テーブルや透析装置に貼って準備しておく。一人あたり複数枚を準備するが、患者が多い施設ではテープの準備に労力がかかる。テープの材質によっては切りにくい。とくに困るのは準備したテープでは不足する場合である。回路や患者に片手を添えつつ、片手でテープを切ることが、極めて難しい。
201 医療法人社団松和会 望星新宿南口クリニック 臨床工学科
臨床工学技士
穿刺痛を和らげる簡便に使用できる装置
透析では17Gより太い針(一般に使う針の約2倍)を週3回2本ずつ穿刺する必要がある。事前に行う外用局所麻酔剤など痛みを軽減するものが多数あるが、つけ忘れ、位置の間違いなどが見られる。その為、機械的または外的刺激により穿刺時に痛みを軽減できる装置を一般的な手技の中で行う事が出来ると患者の負担が軽減できると考えられる。医療機器メーカー(電気・電子・機械系を扱える)の会社を求めています。
301 茨城県厚生農業協同組合連合会 総合病院 土浦協同病院 臨床工学部
臨床工学技士
ペースメーカ用プログラマーの架台
2018年の植込み型心臓電気デバイス(CIED :Cardiac Implantable Electronic Device)の手術件数は新規、交換含めて約73,000件。手術後定期的に外来に通いCIEDをチェックしつづけなければならない。CIEDのチェックするための機器「プログラマー」は、非常に重く持ち運びに苦慮する。また、プログラマーは、メーカーごとに異なるため、何台も運ぶ必要がある。
401 川崎医療生活協同組合  川崎協同病院  臨床工学科
臨床工学技士
人工呼吸器マスクの改良
人工呼吸器マスクは、海外製品が多く、アジア人の骨格に合っていない。
最近、ある日本企業がアジア人の骨格に適したマスクを開発した。アジア人の骨格に合わせたマスクを選択することで、従来の海外製と比較して、リークの低下による治療効果の増進、医療機器関連褥瘡の低減に繋がることが示唆されている。しかし、よりフィットしたマスクの実現に向けては、改善の余地がある。
501 埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部
臨床工学技士
透析患者管理システム
2017年末現在、33万人を越える患者が透析治療を受け、その内32000人が心筋梗塞や脳卒中、肺炎などの合併症で死亡。合併症予防のため、各施設では、血液検査や体液組成検査等の結果をもとに最適な治療を提供しているが、内服忘れや透析間の水分や塩分の過量摂取患者の自己管理が課題である。また、指導や検査結果の分析は人間の手で行われており業務作業が増大。これらを効率的に実施できるデバイスの開発が必要である。
601 東京女子医科大学病院 臨床工学部
臨床工学技士
モニタリング装置
昨今、透析療法において様々な生体情報をモニタリングできる装置が開発されている。
しかし、固定方法の違いによる測定者の誤差、アーチファクトの影響などが問題になる。
テープ関係の企業、医療機器(電気・電子・機械系を扱える)企業を求めています。
701 順天堂大学医学部附属順天堂医院 臨床工学室
臨床工学技士
テスト肺
テスト肺は、感染を防ぐため使用する患者ごとに高水準消毒ないし滅菌を行う必要がある。しかし、テスト肺はその構造上、十分に洗浄・滅菌するのが困難である。また消毒・滅菌方法に限界がある在宅療養でもテスト肺は使用するため、より優れたデザインを求める。
樹脂成形、コネクター設計~組立まで対応可能な企業を求めています。
801 国立成育医療研究センター  手術・集中治療部 医療工学室
臨床工学技士
血栓を簡便に発見できるデバイス
「補助人工心臓」や「補助循環」などの装置で形成された血栓は、脳梗塞などの重篤な合併症を引き起こす可能性があるため、日常管理で早期に発見することが重要となります。市販のライトを使いながら血液ポンプや回路チューブを目視にて確認していますが、ライトの種類や周りの明るさ、血栓の大きさや色、形成された場所によって見やすさが異なり、血栓の有無の判断が難しく、非常に手間を要しているのが現状です。
802 国立成育医療研究センター  手術・集中治療部 医療工学室
臨床工学技士
体外循環専用流量計の開発
補助循環システムにはトランジットタイプ型の超音波流量計が搭載されていますが、複数の箇所を測定したい場合、追加で流量計が必要となります。最近では2点流量測定できる補助循環システムも販売されていますが、高価格であり、追加で流量計を用意することを困難にしている一つの要因となっています。