ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立国際医療研究センター 産婦人科
医師 (22年以上)
ハサミあるいは組織回収装置   New!
腹腔鏡下子宮全摘術、あるいはロボット支援下子宮全摘術施行時、大きな子宮を回収する際に大変手間取るので簡単に回収できる道具を開発してほしい。
子宮筋腫 
[自院] 80人 [全国] 10,000人
腹腔鏡下腟式子宮全摘術
[自院] 100件 [全国] 12,000件

   

面談を希望される方はログインしてください。