ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
自治医科大学 心臓血管外科
医師 (24年以上)
心臓リハビリ用生体情報モニタシステム   New!
近年、心臓手術並びにカテーテル治療後の心不全患者に対する心臓リハビリの有用性・重要性が認められ、心臓リハビリを行う患者数は急激に増加してきている。その一方で、入院中の心臓リハビリを安全に且つ有効に行うためのモニタリングシステムはほとんど使用されていない。心臓リハビリ中の生体情報をリアルタイムに監視・評価すると共に運動負荷の記録を同時に行えるモニタリングシステムが望まれる。
心臓リハビリが必要な患者数
[自院] 1,400人 [全国] 307,000人
心臓リハビリテーション年間実施件数(年間延件数)
[自院] 7,400件 [全国] 3,071,443件

   

面談を希望される方はログインしてください。