ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立がん研究センター東病院 呼吸器外科
医師
鉗子、リトラクター   New!
現在、患者さんの負担をできる限り少なくするため内視鏡手術が主流になっている。
胸腔内で手術を行うワーキングスペースを作るため、虚脱させた肺を圧排している。
体表の切開箇所を増やすことなく、胸腔内の肺を容易に展開するための器具を開発をしたいと考えている。

   

面談を希望される方はログインしてください。