ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

23 件中 1 件〜 23 件目を表示

No. 臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
0 松本歯科大学 口腔診療部
歯科医師 (30年以上)
電気的根管長測定装置
根管治療に必須の器具であるが、開口量が小さい患者では使いにくいことと、コードの断線、電池容量等により、測定誤差、故障が多い。
0 松本歯科大学 歯科補綴学講座
歯科医師 (19年以上)
歯槽骨量が判別できない
レントゲン写真上では頰舌側の歯槽骨縁が重なり、歯槽骨量(歯槽骨縁)が判別しにくいときがある。
0 松本歯科大学 歯科補綴学講座
歯科医師 (19年以上)
二次カリエスが判別できない
歯冠修復物・補綴物に被覆された歯において、レントゲン写真上では二次カリエスが判別しにくいときがある。
0 松本歯科大学 口腔衛生学
歯科医師 (27年以上)
歯面の研磨剤
歯磨剤やプロフィンで歯面の清掃、研磨を行っても、数時間でまた付着物が見られる。1回清掃すれば、少なくとも1日は全く汚れが付着しない歯磨剤がほしい。
日常生活用品
[全国] 50,000,000人
歯面のクリーニング
[全国] 5,000,000件
0 松本歯科大学 口腔病理学講座
歯科医師 (32年以上)
核酸抽出用パラフィン標本切削装置
今日の病理診断では遺伝子解析が行なわれ、パラフィン包埋試料の使用が避けられない症例もあり、パラフィンからの核酸抽出は日常的に行なわれている。しかし、試料採取には一定の熟練した技術が必要で、目的部位を細胞レベルで採取するマイクロダイセクション装置は高価であるなどの問題がある。そこで、使用法が簡便で安価な装置が望まれる。
悪性腫瘍や良性腫瘍では発生に関わる固有の遺伝子異常が知られている。その多くは転座などの遺伝子異常を持つ骨軟部腫瘍、唾液腺腫瘍、歯原性腫瘍あるいは遺伝子再構成がみられる悪性リンパ腫などである。
[自院] 10人 [全国] 100,000人
個別化医療に必要な肺がんなどの遺伝子異常の検索や特定の転座などの遺伝子異常が知られる骨軟部腫瘍、唾液腺腫瘍、歯原性腫瘍あるいは悪性リンパ腫における遺伝子再構成の検索などの診断で主な目的である。
[自院] 10件 [全国] 100,000件
0 松本歯科大学 特殊診療科
その他医療スタッフ
医師と連携
バキューム
舌圧や頬、口唇の緊張が強いとバキュームを口腔内に挿入出来ない
0 松本歯科大学 特殊診療科
その他医療スタッフ
医師と連携
抑制帯
治療に非協力的な患者の抑制に手を取られると、他への手が足りなくなる
0 松本歯科大学 特殊診療科
その他医療スタッフ
医師と連携
防音具
バキュームやタービン等の音でパニックや拒否行動を起こす患者は治療が出来ない
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
歯面清掃器具
ブラケット撤去後の歯面清掃に時間がかかるので、それを短縮したい。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
サンドブラスト
サンドブラストを歯や銀歯にする際にその準備に時間がかかるので、それを短縮したい。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
矯正用ブラケット
矯正治療中にワイヤーがずれない、もしくは一方向にしか動かないようになると便利。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
矯正用プライヤー
矯正治療中にワイヤーとブラケットのひっかかりを軽減するためにワイヤーの角を落とすが、それにかかる時間を短縮したい。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
矯正用ブラケット
矯正治療中にワイヤーとブラケットのねじれが大きいと衝撃でブラケットが歯からはずれてしまう。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
矯正用ワイヤー
矯正治療中にワイヤーが見えたくないと患者に言われる。
0 松本歯科大学 育成期口腔診療部門
歯科医師 (7年以上)
造影材料
矯正用レントゲンを計測するときに初診者だと臼歯がわかりずらい。
0 松本歯科大学 耳鼻咽喉科
医師 (31年以上)
喉頭全摘出患者のための代用音声機器
喉頭全摘出後に無喉頭になり、発声できない患者が日本に約8000人程度いると考えられている。術後の代用発声手段は、食道発声、電気式人工喉頭、シャント発声やPCを使用した文字入力によるものもあるが、習得困難でいずれも満足できる音声ではない。
喉頭癌などの喉頭全摘出術後
0 松本歯科大学 歯科放射線科
歯科医師 (23年以上)
歯科用イメージングプレート撮影補助器具
歯科用イメージングプレートは硬く口腔内にセットした場合痛い、患者自身が保持する際に滑るなどの問題があり、補助器具を使用して撮影を行っているが、ベストといえる物がないのが現状である。
[全国] 190,000人
0 松本歯科大学 矯正歯科
歯科医師 (22年以上)
ディスポーザブルフェイスタオル
歯のメンテナンス時に注水を行うタイプの器具を口腔内で使用するのでフェイスタオルを使用する。治療には出血等があるのでディスポーザブルのフェイスドレープを使用するが、質感が良くないためメンテナンスには使えず、タオル生地のものを使用後洗濯して使っている。口腔内から出るミストを被ったタオルを大量に洗う衛生士を見ていて何とかならないものかと思う。
不正咬合
[自院] 200人 [全国] 226,800人
矯正治療
[自院] 6,824件 [全国] 2,721,600件
0 松本歯科大学 矯正歯科
歯科医師 (22年以上)
患者用口腔ミラー(モニター)
近年、歯の裏側から矯正治療を行なう患者さんが増えているが、自分の口腔内の清掃状態を確認することが難しく、特に歯の裏側に矯正装置等がついている場合は歯肉炎等の症状として問題となることが多く困っている。
不正咬合
[自院] 200人 [全国] 226,800人
矯正治療
[自院] 6,824件 [全国] 2,721,600件
0 松本歯科大学 矯正歯科
歯科医師 (22年以上)
ステレオカメラ(ポータブル)
歯科治療を行なう患者さんに顎顔面軟組織の三次元的な評価を行ない治療をすることができるようになってきた。製品としては規定された空間にカメラを2台以上据付るタイプのものがあるが、特定の空間が必要であり、カメラが動かせないため顎の下や後ろなど患者の顔の影になる部分の撮影は困難なため評価に困っている。
不正咬合
[自院] 200人 [全国] 226,800人
矯正治療
[自院] 6,824件 [全国] 2,721,600件
0 松本歯科大学 口腔顎顔面外科学講座
歯科医師 (28年以上)
口唇歯肉圧排および同時血液吸引器
歯根端切除術を行うとき、口唇を圧排しつつ歯肉骨膜弁も同時に利き手ではない手で圧排しなければならず、さらに血液、唾液等も吸引しながら行わなければならない。
根尖性歯周炎および歯根嚢胞
[自院] 96人 [全国] 94,900人
歯根端切除術
[自院] 96件 [全国] 94,900件
0 松本歯科大学 口腔顎顔面外科学講座
歯科医師 (28年以上)
智歯抜歯で智歯だけを削る器具
智歯を抜歯するときは、歯肉を切開、剥離し、被覆している骨を削除し、歯を削って分割して抜去するが、智歯を削るときに歯肉や隣の歯を傷つけないようにするのは難しい。
埋伏智歯
[自院] 720人 [全国] 474,500人
埋伏智歯抜歯
[自院] 720件 [全国] 474,500件
0 松本歯科大学 歯科補綴学講座
歯科医師 (19年以上)
歯根破折が鑑別できない
レントゲン写真上では歯根の破折線が判別しにくいときがある。