ここから本文です。

ニーズを見る


クラスター研究会 発表ニーズ一覧 …さらに表示

6 件中 1 件〜 6 件目を表示

No. 臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
マッチング デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
0 獨協医科大学 口腔外科学講座
医師 (10年以上)
睡眠時無呼吸症の外科手術関連デバイス
睡眠時無呼吸症については、顎骨を前方に移動させて気道を広げる外科手術が有効とされている。しかし、顎骨移動量を決定するための定量的な基準がなく、医師の経験と勘に頼られている。解決の方向性として、数値流体力学による術前評価システムを構築したい。そのために、気道の弾性率を測る技術とのマッチングを希望する。
閉塞性睡眠時無呼吸症候群は日本では200〜300万人と推計されるが、大規模な調査はされておらず実際はより多い可能性がある。米国では30~60歳の男性4%女性2%である。
対象となる手術は、上下顎劣成長が原因の患者に対して上下顎骨骨切りを行い、上下顎を前方に移動させ気道を拡大する方法である。
0 獨協医科大学 第一外科学講座
医師 (30年以上)
鉗子
腹腔鏡下手術において、鉗子でやさしく組織を把持する必要があるが、初心者は組織を強く握り過ぎてしまい、しばしば組織損傷を来してしまう。
全ての腹腔鏡下手術が対象となる
[自院] 500人 [全国] 20,000人
0 獨協医科大学 整形外科学講座
医師 (22年以上)
脊椎インプラント
変形、外傷、腫瘍などの脊椎疾患において、脊椎インプラントを用いた脊椎固定術が多数行われているが、固定隣接椎間障害(固定した椎間の可動性が失われ、その上下の椎間に過度の負荷がかかることによる障害)が問題となっている。(腹案あり、NDA後に開示可能)
脊椎インプラントを用いた脊椎固定術
[自院] 250件 [全国] 600,000件
0 獨協医科大学  
その他医療スタッフ
医師と連携
清掃が簡便な医療器材
医療器材は複雑な形状のものが多い。特に表面に凹凸があると汚れが残りやすい。シンプルで清掃しやすい形状や材質を望む。
0 獨協医科大学 母性看護専門看護師
看護師
医師と連携
女性の健康をサポートする快適なインナー
女性には、ライフステージごとに気を付けたい健康トラブルがある。その要因として、冷えや体のゆがみがあり、これを緩和するためのインナーアイテムの活用が有効といわれている。女性がより快適に使用できるための工夫について考えたい。
0 獨協医科大学 心臓・血管外科学講座
医師 (25年以上)
弾性ストッキング
下肢静脈うっ滞症状の緩和、下肢静脈瘤悪化予防に弾性ストッキングが使用されているが、ストッキング上端の固定(ゴム)部分に痛みやかゆみが生じたり、着用中にずり落ちたりするなどして、快適に使用できないという患者の声を聴くことが少なくない。肌に優しくずり落ちにくい弾性ストッキングの開発をお願いしたい。