医療機器開発海外展開人材育成プログラム


医療機器開発海外展開人材育成プログラム ~第2期受講生を募集します~

 都内中小企業による医療機器産業への参入や事業の拡大を促進するためには、国内市場のほか、海外市場を視野に入れた医療機器の開発・製造・販売を行うことが重要です。
 そこで東京都医工連携HUB機構は、医療機器の海外展開に資する人材の育成を目的に、国立国際医療研究センター病院(以下、「NCGM」)と連携し(※)「医療機器開発海外展開人材育成プログラム」を立ち上げました。本プログラムでは、病院内の医工連携推進室を拠点に、アジア・新興国を中心とした海外市場に関する情報収集及び関係者とのネットワーク構築に向けた活動を行い、その活動の成果を発表します。
 今回は、以下のとおり本プログラムの第2期生を募集いたします。

※本プログラムの実施に先立ち、東京都産業労働局とNCGMとは、医工連携による医療機器の開発及び事業化に関する業務を相互に連携・協働する為に、「業務連携・協働に関する覚書」を締結致しました。



プログラム(第2期)概要
 受講対象:都内中小企業(ものづくり企業、医療機器メーカー・ディーラー)
 活動場所:NCGM内医工連携室(新宿区戸山1-21-1)
 定員:5名
 期間:11月から3月まで(月3~4回程度)。プログラムの日程は受講生の決定後、NCGMと受講生の予定を踏まえ調整いたします。
  • 開会式   平成29年10月30日(月)17:00-18:30
  • 中間報告会 平成30年 1月 9日(火)17:00-18:30
  • 最終報告会 平成30年 3月13日(火)17:00-18:30
 内容:
  • 病院内における臨床現場の観察
  • 国内外で活躍する医療者等へのインタビュー・意見交換(ニーズ調査)
  • トレーニングシステムを用いた医療機器の操作
  • 研究成果発表会の開催など


【受講生の募集】

 第2期生応募締切:平成29年10月23日(月)

受講生が中心となり、活動計画の策定、活動計画の実行、研究成果報告会の実施を行います。受講生参加型のプログラムであり、原則、すべての活動に参加いただける方を対象とします。人材育成プログラムの運営にあたっては、東京都医工連携HUB機構プロジェクトマネージャー、NCGM医工連携推進室、医療関連の専門家と協議しながら、活動を推進します。

【お申込み方法】
 「医療機器開発海外展開人材育成プログラム」参加申込書に必要事項をご記入の上、以下事務局のEmail迄ご提出ください。
 ※受講生の決定に当たっては、別紙参加申込書等を基に審査を行います。

 ・「医療機器開発海外展開人材育成プログラム」ご案内
 ・「医療機器開発海外展開人材育成プログラム」参加申込書

 問合せ先:東京都医工連携HUB機構
 電話:03(5201)7321(平日9:00-17:00)
 メール:info@ikou-hub.tokyo