ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
東京都健康長寿医療センター 臨床工学科
臨床工学技士
医師と連携
患者離床センサー(起き上がり時用)   New!
通常はベッドに寝ている患者が離床する危険が高いことから、離床を知らせる何らかのセンサーが必要となる。
この機器は、重要ではあるが、それに多大な資源を投入することはできないので、動作が確実で、利用が容易で、安価な物が必要である。
現在利用している物は、特にコード周りでの故障が多く、一定の堅牢性、もしくは交換が容易で交換部品が安価である、という必要がある。

   

面談を希望される方はログインしてください。