ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
東京都済生会中央病院 臨床検査科
臨床検査技士
超音波一元管理システム(プローブ)   New!
院内で使用されている超音波装置(本体及びプローブ)について、いつどこで誰が使用したか記録が残りづらく稼動状況が把握できない。本体だけでなくプローブの使用状況も知る事で、使用目的の把握もしやすい。院内装置の配置の再考や装置購入希望が合った場合の必要性の参考としたい。

   

面談を希望される方はログインしてください。