ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
獨協医科大学 第一外科学講座
医師 (30年以上)
鉗子   New!
腹腔鏡下手術において、鉗子でやさしく組織を把持する必要があるが、初心者は組織を強く握り過ぎてしまい、しばしば組織損傷を来してしまう。
全ての腹腔鏡下手術が対象となる
[自院] 500人 [全国] 20,000人

   

面談を希望される方はログインしてください。