ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立国際医療研究センター 食道胃外科
医師 (27年以上)
術中にクリップの金属を感知できるシステム   New!
腹腔鏡などの手術の際に、内視鏡を併用して胃内に留置した金属クリップを確認して胃を切離しているが、その手間や人員が必要となり、内視鏡をせずに腹腔内からクリップの位置を確認したい。
胃癌、食道癌、大腸癌など
[自院] 200人
腹腔鏡下胃切除、大腸切除など
[自院] 50件

   

面談を希望される方はログインしてください。