ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
診断ソフト(手先天異常)   New!
顔面の先天異常の診断ソフトはすでに開発されている。手先天異常に関して現在日本手外科学会により分類法が一般的に用いられているが、これらを画像解析ソフトにより分類可能になれば、非専門医でも正しい診断が可能になり、手術時期などの保護者への説明に有用である。また、画像解析ソフトがあれば、手術による整容性の評価が可能になり、手術の効果を数値で表現することが可能になる。

   

面談を希望される方はログインしてください。