ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
東京慈恵会医科大学 形成外科学講座
医師
左右の対称性を可視化するレーザー装置   New!
左右の立体的対称性を求められる手術の場合、術中の対称性の判断は解剖学的ランドマークからの距離測定か、術者の主観に委ねられる。前者は客観的であるが、三次元的な対称性は距離測定のみでは不可能であり、これまで三次元的対称性を可視化することはCTや三次元カメラを用いる以外は不可能で、もっとも必要とさせる手術中に使用できるデバイスは存在しない。

   

面談を希望される方はログインしてください。