ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
(福)美明会 特別養護老人ホーム義明苑
その他医療スタッフ (12年以上)
医師と連携
特浴機   New!
身体に麻痺などの障害がある患者には職員介助の下、特浴機で入浴をしているが、目を離した隙に、浮力などによりベルトがゆるみ患者の姿勢がくずれ、顔面が水没するなどのヒヤリハットが起きることがある。全国的にもこのようなアクシデントによる死亡事故は耳にすることがあり、人の監視以外の方法で水没を未然に防ぐ機器・ツールが求められる。
身体機能の低下により、自力で入浴できない方
[自院] 50人
特浴機を使用しての入浴
[自院] 5,760件

   

面談を希望される方はログインしてください。