ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
日本大学医学部附属板橋病院 リハビリテーション科
作業療法士・理学療法士
医師と連携
尿道カテーテル用ケース   New!
尿道カテーテルは入院患者の15~25%が短期間留置されているが、尿道カテーテルなどの器具が尿路感染症の要因となる。尿道カテーテルは、逆流防止のために低い位置に保つ必要があるが、車椅子移動時に膀胱よりも高くしてしまったり、逆に低くしてタイヤや床に接触して不衛生になってしまうことがある。また、尿が他人に見られて恥ずかしいとの意見もある。

   

面談を希望される方はログインしてください。