ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
フラワーサーチ大府 介護付有料老人ホーム
事務スタッフ (20年以上)
離床防止ツール   New!
離床のセンサーは多く開発されているが、離床時の感度にばかりクローズアップされているのが現状である。現場ではすぐに対応できない事も多く、離床に気がついても対応できず転倒しているケースがある。仮にベッド上であるならば離床を感知した場合、ご利用者の気を引き、介護者が行きつくまで時間をかせいでくれるものがあれば助かる。

   

面談を希望される方はログインしてください。