ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国際医療福祉大学病院 消化器、一般外科
医師 (7年以上)
術後高齢患者の早期離床のための補助具   New!
高齢者はADLが元々低いが、術後は疼痛や全身状態の悪化のため早期離床が難しいことが少なくない。近年、早期離床の重要性が述べられているが、より早期離床が重要であるはずの高齢者に対しての早期離床補助具などは少ない。
ADL低下のある術後患者すべて
[自院] 300人

   

面談を希望される方はログインしてください。