ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国際医療福祉大学病院 消化器、一般外科
医師 (7年以上)
内視鏡手術用鉗子   New!
腹腔鏡、胸腔鏡手術でのリンパ節郭清など、繊細な手技を求められる場面において電気メスや超音波凝固切開装置などの切開装置は改良が加えられてきたが、把持鉗子においてはあまり進歩がみられてこなかった。より優しく、よりしっかりと把持のできる鉗子の開発を行いたいと考えています。
全ての腹腔鏡、胸腔鏡手術
[自院] 500人
全ての腹腔鏡、胸腔鏡手術
[自院] 500件

   

面談を希望される方はログインしてください。