ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
千葉大学医学部附属病院 内視鏡センター
臨床工学技士
医師と連携
データベース自動ファイリングシステム   New!
特に大学病院では、膨大なカルテ情報から臨床研究に必要なデータを探し、オリジナルの台帳作成が必要となる場面が多く、非常に多くの時間を費やしています。電子カルテメーカーに依存せず、簡単にデータベースを検索、台帳作成までサポートするシステムがあれば、臨床研究医の費やす労力や時間が大幅に削減できると考えます。

   

面談を希望される方はログインしてください。