ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立国際医療研究センター 放射線診療部門
放射線技師 (9年以上)
医師と連携
CTガントリ感染防止カバー   New!
新型コロナウイルス感染流行に伴い、感染対策が注目されている。現状、CT装置における感染対策は十分とはいえない。特に、CTガントリ内部に関しての感染対策は装置が精密機器であるため各メーカーから、機器の直接的な消毒は推奨されていない。そこで、感染対策ツールとして感染防止カバーを開発し、簡便かつ安全に検査を施行することが望まれる。
新型ウイルス患者を含む感染症患者等

   

面談を希望される方はログインしてください。