ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
国立国際医療研究センター 臨床研究推進部 教育研修室
医学博士 (16年以上)
医師と連携
マスクおよびマスクの補助具   New!
毎日連続してマスクを使用するときに、かけ心地が良くなく、耳が痛くなったり、顔に跡がついたりする問題点がある。寝るときにも使用できる、24時間かけ心地の良いマスクもしくはマスクの補助具があると良い。
COVID-19、インフルエンザ、花粉症 

   

面談を希望される方はログインしてください。