ここから本文です。

コメント・面談希望

臨床機関名 診療科・職種 開発するデバイスの種類
デバイス開発の背景(臨床現場が抱える問題)
デバイスが使われる疾患・症例、
検査・診断・手術・処置等
社会医療法人財団白十字会 佐世保中央病院 臨床工学部
臨床工学技士
超簡易型陰圧個室   New!
COVIT-19などの飛沫感染患者を受け入れる医療機関では、陰圧室で患者管理を行うが、搬送時や臨床業務で医療スタッフにウイルスが飛沫する可能性が高く、完全にウイルスを遮断することは難しい。今後、飛沫感染患者の増加で収容できる施設や部屋も不足する。さらに、医療資源の乏しい地域でも感染防止のため、陰圧ができるシステムが必要である。空気清浄設備やビニール袋の製造や加工が得意な企業を求めます。

   

面談を希望される方はログインしてください。